乃木坂46 2期生佐々木琴子が卒業を発表、活動は3月いっぱいまで

アイドル 公開日:2020/01/26 8
この記事を
クリップ

乃木坂46 2期生メンバーの佐々木琴子が26日、グループの公式ブログで卒業を発表した。

佐々木は「久しぶりのブログ更新になってしまいすみません。皆さんにお伝えしたい事がありブログを書いています」と、久々のブログ更新を詫び、「私は3月いっぱいで乃木坂46を卒業します」と明かした。





「私は加入前から乃木坂46が好きでした。だから初めてオーディションを受けて、運良く合格できました。
当時は中学生だったので、若いうちからアイドル活動の楽しさや厳しさ、芸能の仕事とはどのようなものかを学ぶことができました。普通の学生生活をしてみたかったな、と思うことが何度もありました。でも、普通の学生だったら経験できないようなことを経験できたり、お会いできないような方々と話せたりして、今の私の人格があるのだと思うと加入できて良かったなと思います」と振り返り、卒業に至った思いを吐露。

そのうえで「卒業したら加入前のように乃木坂46をファンとして応援していこうと思います。私は今、それがすごく楽しみです」と、外の世界から乃木坂46にエールを贈り続けることを明言した。

卒業後については現在は未定とのことで、今後スタッフと話し合いを進めて行くという。

佐々木は2013年、乃木坂46の2期生メンバーとして加入。物静かな印象で、アニメに造詣が深く、好きな作品やキャラクターについて生き生きと話す姿が愛おしかった。

最後に「乃木坂46としていられるのは残り約2ヶ月間です。これからもよろしくお願いします」と締めた佐々木。突然やってきた別れの宣告に取り乱すファンは多い。

写真:Ⓒ乃木坂LLC