欅坂46 平手友梨奈がグループ脱退、織田奈那と鈴本美愉は卒業 佐藤詩織活動休止へ

アイドル 公開日:2020/01/23 10
この記事を
クリップ

欅坂46の顔とも言える平手友梨奈がグループからの脱退を公式ホームページで発表した。さらに織田奈那、鈴本美愉はグループを卒業、佐藤詩織は本人からの申し出により活動を一時休止と発表された。




23日の夜に、衝撃が駆け巡った。

欅坂46結成当初から、グループを牽引してきた平手。デビューシングル『サイレントマジョリティー』でセンターに抜擢されたときはまだ14歳だった。しかし、類まれな表現力とカリスマ性で、欅坂46の“象徴”する存在として、最新シングル『黒い羊』まで、欅坂46の表題シングル曲8作すべてでセンターを務め上げた。

卒業する織田、鈴本も1期生として平手を支え続けた。物怖じしない物言いと、リアクションの大きさでメンバーからの信頼も厚かった鈴本。同じく織田もグループのムードメーカーとして、メンバーからの“モテ度”No.1の男前さが人気だった。

活動を休止する佐藤も、美大卒業のインテリジェンスな空気を持ちながら、バラエティー番組でも天然ぶりを発揮し、可愛い笑顔が印象的だった。

一度に4名の離脱で、2020年の欅坂46の活動がどうなるのか、見守っていきたい。