可愛さ弾ける HKT48田中美久ソロコン、大切な仲間へ思い込めた熱唱にグッときた

アイドル 公開日:2020/01/23 16
この記事を
クリップ

AKB48グループ 2020TDCライブ祭り6日目。HKT48のエース田中美久初のソロコンサート『HKT48田中美久ソロコンサート~みんなで一緒にみくもんもん~ 』が開催された。




前座は、HKT48単独 コンサートにも寸劇が上演された<寸劇戦隊 指レンジャー>の運上弘菜、松岡菜摘、松岡はな、本村碧唯扮する指レンジャーと村重杏奈扮するツイン村重が登場。絶えず笑いを起こし、会場が温まったところで、艶やかな着物姿で登場したみくりんは、少し着くずし、美白なうなじや肩がチラり。和楽器バンドテイストの『千本桜』、さらに『Blue rose』『回遊魚のキャパシティ』『12秒』と和風アレンジで立て続けに披露。独特な甘い声とのギャップにいきなり心を打ちぬかれる。

告白しようか悩むみくりんの特別映像では、可愛さ有り余るみくりんワールド全開。AKB48チームK「RESET」公演曲『彼女になれますか?』をキーにして、松浦亜弥の『桃色片想い』『好き 好き 好き』『オネストマン』キュンキュンナンバーをお見舞い。萌えすぎるセーラー服姿も眩しく、途中からはくまモンも登場して、キュートなパフォーマンスにファンの歓声も熱を帯びる。田中は「お正月に熊本に帰って、藤崎八幡宮に初詣に行きました。大吉やったんですよ!」と笑顔で報告。くまモンも目を丸く?して驚いていた。

みくもん×くまモンが揃ったところで 熊本が生んだスーパーアーティスト森高千里の『この街』『私がオバさんになっても』を披露。大いに盛り上がった。

「次はひと味違ったみくを見せたいんですが見たいですか!?」と煽ると、黒と白の大人っぽいミニドレスに着替え、ダンサーを従えて『夢のdead body』『考える人』、さらに自身のソロナンバーで、しっとりとしたバラード『ALFACE SMILE』を歌い上げた。

4階から新衣装で登場したみくりん。「みなさんのところへ会いに行きます」と撮影OKタイムへ突入。彼女が「45thシングル選抜総選挙」(2016年)で初めて45位にランクインし、ネクストガールズとして歌った思い出の曲『進化してねえじゃん』、そして翌年の「49thシングル選抜総選挙」では28位にランクイン、アンダーガールズとして歌った『だらしない愛し方』、そして「53thシングル選抜総選挙」で10位に入り、初めて選抜入りを果たした『センチメンタルトレイン』という、「ファンからもらった」という大切な曲を感謝を込めて熱唱した。

終盤田中は「今の私がいるのは、メンバーや仲間の存在がとっても大きいです。 ここからは大切な仲間に向て歌いたいと思います」と話し、ともに同じ3期生である矢吹奈子のソロ楽曲『いじわるチュー』では「距離が離れてても心の中にはいつも奈子がいます。奈子にとってもそんな存在になれてたらいいな。なこみくは永遠だよ!」と手紙を読み上げ、 宮脇咲良の『夢でKiss me!』、神曲と言われる兒玉遥がセンターを務めた『大人列車』、指原莉乃の最後のセンターシングル『ジワるDAYS』、そして矢吹奈子とWセンターを担当した『早送りカレンダー』は、ライブナンバーとしても盛り上がりは必至。ひときわ大きな声援が飛び交った。みくりんにとってかけがえのない仲間や先輩へ温かいメッセージとともに、思いを込めて熱唱して本編が終了。

ファン代表からのアツいメッセージのあと、“みんなでいっしょに、みくもんもん!”を唱和して、“みくりんコール”が発動。待望のアンコールに応え、地元熊本を叙情的に歌う『わたしのふるさと』で雰囲気たっぷりなステージを創り上げていく。

一転して元気いっぱいのアッパーチューン、2ndシングル『メロンジュース』で会場はひとつに。最後は今年の『リクエストアワー』で悲願の1位に輝いた『ロマンティック病』を熱唱。ほんわかした空気と、キュートさ溢れるソロコンサート。ファンを誰よりも思い、そして誰よりもHKT48を愛するみくりんの心意気がひしひしと伝わった。同じ空間を過ごしたファンは「最高の思い出」になったにちがいない。


Ⓒ2010熊本県くまモン 協力:銀座熊本館

写真:風間直人

この記事の画像一覧 (全 74件)