SUPER☆GiRLS 初の桜ソング、渡邉幸愛&阿部夢梨がWセンター

アイドル 公開日:2020/01/11 8
この記事を
クリップ

今年デビュー10周年を迎えるSUPER☆GiRLSの、2020年第一弾シングルの詳細が発表された。




通算24作品目となる今作は、SUPER☆GiRLS初の桜ソングで、タイトルは『忘れ桜』。桜の咲く季節に感じる、切なさと新しい未来への希望を歌った、スパガの新しいメッセージソングとなっている。

また今回は、昨年末にリリースされたアルバム曲でセンターを務めた渡邉幸愛と、前シングルでセンターの阿部夢梨のダブルセンターでの楽曲となっている。

今回の作品に対して、センターを担当する2人からのコメントが到着した。


<渡邉幸愛 コメント>
この度、ダブルセンターを務めさせていただくことになりました!グループの10年目、新体制での2年目、とても大事なこの時期にセンターというポジションを任せていただいたことをすごく嬉しく思います。先輩になり頼もしくなった夢梨と一緒に皆様の心に響くパフォーマンスをお届けできるよう精一杯頑張りますのでよろしくお願い致します!


<阿部夢梨 コメント>
今回24枚目のシングルで、リーダーの幸愛さんとダブルセンターを務めさせていただくことになりました。大好きな先輩とダブルセンターができるなんて本当に夢のようです。有難いことに今回で3作目のセンター。今回は幸愛さんと一緒なのでとても心強いです。レベルの高いパフォーマンスをお送りできるように、頑張りますので期待していてください!


10周年へ向けて走り出したSUPER☆GiRLSの今後に注目だ。


■24th Single『忘れ桜』

2020年3月18日発売