エビ中 中山莉子が観客全員に叱られる「ボーッと生きてんじゃねーよ!」

アイドル 公開日:2020/01/06 5
この記事を
クリップ

私立恵比寿中学(エビ中)がパーソナリティーを務める「私立恵比寿中学 放送部(エビ中放送部)」の公開収録は今年で5回目となる。今年も1月5日によみうりランド内の日テレらんらんホールで行った。

 「エビ中放送部」は文化放送で毎週水曜夜9時から放送されるラジオ番組であり、今年で8年目に入る。今年は約1,000人のファンが集結。昨年10月から活動を休止している安本彩花を除く5人での出演となった。




 開演時間になると、MCの真山りかが『えびぞりダイアモンド‼︎』の曲で登場。星名美怜はモーニング娘。の『ザ☆ピ〜ス!』、小林歌穂は田村直美の『ゆずれない願い』、中山莉子はテレサ・テンの『時の流れに身をまかせ』をそれぞれ歌唱しながら登場した。そして去年インフルエンザで欠席していた柏木ひなたはグループの過去楽曲にちなんで「そろそろ(インフルエンザ)くるかな♪」などとボヤきながらも浜崎あゆみの『Voyage』を歌いながらの華々しい登場であった。

 「2020年の抱負」をテーマに恒例コーナーエビ俳句がメンバー全員により発表された。その中でも年女である真山は「載りたいな 番組表で 表紙とか」と大きな目標を掲げ、ファンからも応援の拍手が送られた。公開収録の最後に会場のお客さんを対象に各メンバーのエビ俳句が書かれた色紙が当たる抽選会も行われた。

メンバーが「イエス」か「ノー」で答えられる質問をし、その質問に「ノー」の人は座っていくという会場全体を巻き込んだ「クイズ!1000人に聞きました!」。最終的に全員座らせたメンバーが罰ゲームということで星名がドボンしたが、この罰ゲーム、チョコレートプラネットからのリクエストによりエビ中揃って全力TT兄弟をやることに。チョコレートプラネットの全面協力もあり、「罰ゲームなのか?」(星名)と嘆きつつもメンバー全員がよみうりランドでTT兄弟のネタを畳み掛けた。

 「クイズ!エビ中ドン!」のコーナーでは、流れてくるエビ中の“ある曲”を、歌詞カードを見ないで完璧に歌えるかどうか、エビ中の記憶力が試された。何の曲が流れるかはメンバーも知らず、歌うパートも順番に回す為、自分のパート以外が回ってくることもある中、流れたのは最新アルバムの中から「ジャンプ」。覚えたばかりということで、歌詞に自信が無いと言って振りから思い出そうとするエビ中。ここで策士柏木が自身のパートのラップ部分直前までを歌い、次の小林にラップ部分で見事ミスさせることに成功した。

 エビ中放送部ではすっかりお馴染み、「チコちゃんに叱られる!」のパロディで「リコちゃんに叱られる!」のコーナー。ここではリコちゃんからクイズが出題され答えられなかったメンバーがお客さん全員から「ボーッと生きてんじゃねーよ!」と叱られるはずだった。しかしなんとリコちゃん(中山)がクイズ出題中に自ら答えをポロリ。まさかの出題者であるリコちゃんがお客さん全員から叱られるというオチに会場全体が笑いに包まれた。

 演劇部が誇る人気シリーズ、「サザエさん」のパロディ「ひなたさん」ではひなたさん(柏木)が会場に紛れ込むという演出も。そして恒例の新春野球大会では会場のお客さんがサイン入りボールをゲットするチャンスもあった。

 私立恵比寿中学は、昨年12月18日にリリースした6th full Album『playlist』がオリコン、ビルボード両チャートで週間1位を獲得。2月16日(日)にパシフィコ横浜で行われるファンクラブイベントでは2012年に行われたホールコンサートを現メンバーでリバイバル公演する初の試み「じゃあ・ベストテン2020」の開催や、4年ぶりとなる主演舞台公演も発表されている。10周年を迎え2020年も精力的に活躍するエビ中に引き続き要注目だ。

この記事の画像一覧 (全 8件)