SUPER☆GiRLS、デビュー9周年記念ワンマンライブ開催

アイドル 公開日:2019/12/23 6
この記事を
クリップ

SUPER☆GiRLSが22日、神奈川・横浜ベイホールにて、デビュー9周年記念ワンマンライブ『SUPER☆GiRLS Debut 9th Anniversary~ROAD TO 2020~』を、開催した。




開催された日は雨が降り足元が悪い中にも関わらず、会場には約1,000人ものファンが訪れた。 “ときめきHighレンジ!!!” 衣装の制服に身を包んだメンバーたちが、スパガの代表曲『花道!!ア〜ンビシャス』を皮切りにパフォーマンスをはじめると、会場の熱はいきなり最高潮に到達した。開始から4曲を歌い終わりメンバーそれぞれが自己紹介を行い、リーダーの渡邉幸愛が「本日12月22日、私たちSUPER☆GiRLSはデビュー9周年を迎えました。いつも応援して下さるファンの皆様、そして今日こうしていて下さる皆様、本当にありがとうございます。メンバーは入れ替わったりしていますけれども、9年間の感謝の気持ちと、私たち第4章スパガとしての1年間の想いと成長した姿を皆様にお届けできたらいいなと思います。最後まで楽しんでいってください。よろしくお願いします!」と挨拶し、 “ナツカレ★バケーション” などをはじめスパガ第4章の曲を続いて披露した。

途中のMCでは “いろんな意味で印象深い” という現メンバーでの初めての合宿や写真集・MV撮影で訪れたタイのことなどが話に上がり、第4章としての1年間を振り返り後半パートに突入。ファンからは終始途切れることなく大きな声援と “合いの手” が送られ、アンコールも含め全19曲をスパガらしく元気いっぱいに歌い切った。

最後に渡邉が「改めまして本日お越しいただいた皆様、ありがとうございました!SUPER☆GiRLSはメンバーの卒業や加入などグループの形は変わりながらもずっと頑張ってきました。いつも応援して下さるファンの方々の支えがすごく私たちの力になっています。10周年に突入してもっともっと頑張ると同時に、ファンの皆さんに恩返しをしていける10周年にしていきたいなって思います。これからもスパガの応援を宜しくお願い致します。以上SUPER☆GiRLSでした!」と、ファンへの感謝と今後の意気込みを語りライブの幕を閉じた。

ライブに参加したファンからは「ワンマンライブ本当に楽しかったな。やっぱり、メンバー全員で一緒に前へ進むスパガが好きだ」「一年で作り上げた部分と大事に引き継いできた部分とが好対照だったから今日はとても感動した。」「初期の曲から新体制の曲など、この一年だけじゃないものがぎゅっと詰まった素敵なライヴでしたー」など多くの感想がSNSに溢れた。

今回のライブ中に、2月24日(月・振休) 『SUPER☆GiRLS ワンマンライブ』開催、来春 『SUPER☆GiRLS 24thシングルリリース』決定の2つの情報が解禁された。ワンマンライブについては、ファンクラブサイトにてチケットの販売を開始している。また、SUPER☆GiRLSの過去MVが現在、YouTubeのavex公式チャンネルにて公開されている。

来年にはデビュー10周年を迎えるSUPER☆GiRLSの今後の活躍に要注目だ。


この記事の画像一覧 (全 4件)