新生 夢みるアドレセンス、4人体制で活動開始

アイドル 公開日:2019/12/21 14
この記事を
クリップ

2019年12月21日(土)渋谷ミルキーウェイにて、夢みるアドレセンス(山口はのん・山下彩耶)によるライブ『YUMEADO LIVE"20191221"』が開催され、新たに新メンバー2名(鳴海寿莉亜、白川蘭珠)の加入がサプライズ発表され、4名体制での夢アド新体制ステージを披露した。さらに新しいビジュアルと、新曲『MAKING THE NOTE』のMVも公開した。




夢アドは、前日の12月20日(金)に初期メンバー荻野可鈴、志田友美、小林れいと、水無瀬ゆきの4人が卒業し今後の動向に注目が集まっていた。そんな中、開催された今回のライブには、抽選によって選ばれた限定200名のファンが参加、会場は超満員となった。

夢アドの代表曲でもある『ファンタスティックパレード』や『メロンソーダ』『Bye Bye My Days』などに加え、今回MVが公開された『MAKING THE NOTE』を含む新曲も4曲初披露。

新メンバーの鳴海寿莉亜(なるみじゅりあ)は「夢アドは自分にとって遠い存在だったので、まさか自分がメンバーになれるとは夢にも思ってなかったです。毎日毎日、プレッシャーが増して、自分自身もっともっと成長しないとと感じてます。ステージで思い切り笑顔で活動できるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします!」とコメント。

同じく白川蘭珠(しらかわらんじゅ)は「小学生の頃から憧れていた、夢アドに自分が入ることになるなんて、本当に夢みたいです。これでゴールではなく、先輩たちに迷惑にかけないように努力して、たくさんのファンの方々に注目されるよう、頑張っていきたいです!よろしくお願いします!」と決意と抱負を語った。

ライブ終盤では、来年1月31日(金)にTSUTAYA O-nestでワンマンライブ『#YUMEADO20200131』の開催を発表。

夢アドは12月27日に新木場STUDIO COASTで開催される『TOKYO MX × CLUSTAR. フェス』や、年明け1月2日にはお台場で開催される『TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー 2020』にも出演するなど今後も積極的に活動していく。

新しい「夢みるアドレセンス」の活躍に期待したい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)