驚異の顔面偏差値!たけやま3.5、高校時代を振り返る“青春”熱演

アイドル 公開日:2019/12/13 14
この記事を
クリップ

ダイコロ株式会社は、愛媛県のご当地アイドル、「たけやま3.5」を起用した動画「そっと開いてみた。私の卒業アルバム」篇を公開した。

年間9,320校、約100万冊を取扱う卒業アルバム制作のトップメーカーとしてダイコロが歩んできた思いや、様々なサービスについて知るきっかけとなることを目的とした動画となっている。

今回、公開された動画は、青春の輝きを詰め込んだ卒業アルバムに焦点を当て、“卒業アルバムの大切さ”を改めて感じることができる内容となっている。一生の宝とも言える卒業アルバムを通して、ある高校生の青春の1ページを映しだす。動画公開に合わせて、WEBサイトもフルリニューアルされた。

ひとりの女性が看護師として働くシーンから物語は始まる。急なオペや患者への対応に追われることもある忙しい毎日。そんな日々に少し疲れを感じている中、帰宅した部屋にある1冊の卒業アルバムがふと目に入り、ページをめくりながら高校時代の毎日を振り返る。


美しい愛媛県の風景とともに、ある高校の入学式から回想シーンが始まる。入学を楽しみにしてくれていた母が亡くなり、不安で胸がいっぱいな緊張した顔つきのひとりの新入生の表情が印象的だ。新しい環境の中で、母が好きだったダンスにチャレンジ。ダンス部に入り友達もでき、仲間と共にダンスを練習したり、電車を待つ駅のホームでひとり練習をする。ダンスだけではなく、勉強も頑張るが、35点という点数にがっかり。良い思い出もほろ苦い思い出も含め、たくさんの思い出ができ、高校1年生のアルバムのページが埋まっていく。

高校2年生。ある日、廊下ですれ違った彼に一目惚れし、初めての恋が訪れる。彼の部活を覗きに行ったり、ひとりで駅のホームで告白の練習をしたり。体育館で告白し、彼と2人で花火大会に行く。でも、そんな初恋は彼の転校で終わりを迎える。落ち込んでいる時、友達がいたから乗り越えることができた。ドキドキしたこと、楽しかったこと、怒ってしまったこと、辛かったこと・・・・。そんな時、いつも近くにいてくれたのは仲間たち。儚くも貴重な瞬間を、アルバムを覗くたびに思い出すことだろう。

高校3年生。卒業後の進路について考える時期に、お母さんが憧れていた看護師になろうと決意する。新たな目標に向かって頑張った受験勉強。そして、ともに乗り越えた仲間たちと一緒に喜びあった合格発表。みんなが笑顔で旅立っていく卒業式で回想シーンは終了する。

忘れられない思い出が卒業アルバムには詰め込まれている。看護師になることを決意した当時の気持ちを思い出し、高校1年生から3年生までを振り返ったひとりの女性が当時の友達に電話をかけ、楽しい思い出話に花を咲かせるシーンで物語は締め括られる。

動画に出演した愛媛県のご当地アイドル「たけやま3.5」からのコメントが届いた。


<武田雛歩 コメント>
「今、大学生の私が本当に高校生に戻ったかのような、そんな青春がたっぷり詰まった撮影だったと思います。実は、撮影した学校が私の母校だったので、学校についた瞬間、高校時代の思い出が溢れかえってきてすごく感極まったのを覚えています!今までお世話になった先生たちにも出演してもらっています(笑)。愛媛の良い場所をぎゅっと詰め込んでいる!そんな作品にもなっていると思います!撮影してくれたスタッフさんもすごく優しくて面白い方々ばかりでした!本当にありがとうございました!」

<星川遥香 コメント
「ダイコロさんの撮影、なんてったって楽しかったです!!まだ現役の高校生なんですけど、なかなか青春!!ってことができてないので大好きなメンバーと青春を経験できてよかったです!!どの撮影も楽しかったんですけど、特に楽しかったのはダンスです!昔、ダンス習っててダンス部に入りたいというひそかな夢が叶って嬉しかったです!!卒業アルバム、たまに見返したくなるし思い出がたくさん詰まってる素敵な大切なものですよね!卒業アルバム、もう貰い終えた方はまた見返してみてください!懐かしい素敵な思い出がよみがえってきます!これから貰う方は全力で学生生活楽しんでください!!私も、楽しむぞ?!!」

<脇田穂乃香 コメント>
「撮影、本当に楽しかったです!!4人で活動していますが、普段はライブ中心なので、とても新鮮でした。私は現役の高校生ですが、制服を着て学校での撮影をしていると、メンバーが同じクラスメイトだったらどんな学校生活なんだろうって考えたりもしました。きっと、わちゃわちゃしててすっごくゆる~い感じなのかな?とか(笑)。ダイコロさんのムービーには、青春がいっぱい詰まっていると思います!頑張って必死になる!とか、きゅんきゅんするシーンも!撮影が本当に楽しかったので、演じながらも、そのままの4人だったと思います。見てくださる方にもきっとこの楽しさが伝わると思います!」

<濵邊咲良 コメント>
「撮影はあっという間でした。スタッフの方々も優しくて、面白くてすごく楽しかったです!4人で制服を着て青春できて嬉しかったし、私も卒業式を思い出しました!卒業してなかなか会えなくなった友達でも、アルバムを見れば楽しかったキラキラした思い出の記憶が蘇ってくるので、これからも卒業アルバムを大切にしていきたいなと思いました!」



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 39件)