アプガ(2)1stアルバムミッション達成記念フリーライブ開催、サプライズも

アイドル 公開日:2019/12/01 3
この記事を
クリップ

11月12日発売のファーストアルバム『アオハル 1st』を約1週間のリリースイベント期間中に2500枚完売するというミッションを見事にクリアしたアップアップガールズ(2)(以降アプガ(2))。

目標達成に協力してくれたファンへの感謝を込めて、11月30日(土)に東京・タワーレコード渋谷店B1F CUTUP STUDIOでライブイベント『アップアップガールズ(2)『#アオハル2500』達成フリーワンマンライブ』を開催した。




イベント内では、2020年1月7日に発売される両A面ニューシングル『世界で一番かわいいアイドル / し・て・る・も・ん』の作詞作曲がシンガーソングライターの大森靖子であること、そして来年2月から全国ツアー『アップアップガールズ(2) ライブハウスツアー2020 アオハル し・て・る・も・ん』の開催決定が併せて発表された。

大勢の観客が詰めかける中、アプガ(2)がステージに登場すると『スターティングオーバー』『ハッピースLOVE♡』と勢いたっぷりなポップチューンでライブはスタートした。

自己紹介のコーナーでは、先日、世界四大ミスコンテストのひとつ、ミス・インターナショナルの日本大会に出場した森永新菜が「なんとみなさんのおかげで、ミス・インターナショナルWEBジェニック賞を受賞しました!」とファンに受賞報告。会場は大きな歓声に包まれた。すると森永は「ミス・インターナショナルの二次面接審査で披露したラップをやりたいです!」と語るとノリノリでラップで自己紹介を行なった。

リーダーの高萩千夏は「私たちの念願のアルバム『アオハル 1st』がついに発売されました。私たちは“#アオハル2500”と題してアルバム売上2500枚達成するぞという目標を目標を立ててリリースイベントをやってきたんですが、無事目標を達成することができました。そして、今日このライブを開催することができました! みなさんたくさんの応援ありがとうございました!」と、ミッションをクリアできたこと、フリーワンマンライブが開催できたことの感謝をファンに伝える。続けて吉川茉優が「今日は歌って歌って歌いまくろうと思います! アルバムの曲全部歌っちゃいます!」とライブへの気合たっぷりに語った。

ライブでは、アルバムに収録されたエモさたっぷりの新曲『ブルースカイブルース』、つんく♂サウンドプロデュース第1弾『全部青春!』、切ない想いの詰まったミディアムチューン『どしゃぶりのテラス席』と、アルバムの曲順どおりのセットリストで楽曲が披露されていく。ポップチューンばかりではなく、ハードに攻める『っていう初恋のお約束』『エンジェル演じて20年』など、楽曲の振り幅の広さを次々と見せていくアプガ(2)。今年の夏を戦ったつんく♂サウンドプロデュースの勝負曲『Be lonely together』、デビューシングル曲の『Sun!×3』や『二の足Dancing』を力いっぱいパフォーマンスし、ファンとともに熱気みなぎる空間を作り上げた。

アンコールに入り、アルバムからのもうひとつの新曲『パジャマ DE タンテボー』を歌唱すると、会場全体でのタオル回しで楽しく盛り上がった。

MCのコーナーでは鍛治島彩から、来年2020年1月7日に発売される両A面ニューシングル『世界で一番かわいいアイドル / し・て・る・も・ん』の作詞作曲がシンガーソングライターの大森靖子であることが発表された。鍛治島が「このフリーライブのために、大森さんの新曲持って来ちゃいました! 今日、ここで披露させていただきます!」と語ると同時に、「はいどーも!」の声が聞こえる。いきなりタワーレコード代表取締役の嶺脇育夫がステージに登場。焦るメンバーに、嶺脇社長は「今日はみなさんにお知らせを持って来ました」と語ると、来年2月から全国ツアー『アップアップガールズ(2) ライブハウスツアー2020 アオハル し・て・る・も・ん』の開催決定をサプライズ発表。メンバーもファンも“やったー!”の声を上げまさに歓喜の嵐。さらに、ニューシングルを手がけた大森靖子さんからアプガ(2)へ向けたメッセージをいただいだので代読します」との言葉から、アプガ(2)は真剣な表情で大森からのメッセージをファンとともに聞く。


“アプガ(2)のみなさん、おつかれさまです。大森靖子です。

以前ZOCで対バンさせていただいたとき、ひと言では言い表せないほどアイドルとしての初期衝動のような輝き、きらめき、一番大切なものを持っているグループだと思い、大変感動したし勇気付けられました。

そのことを山田さん(アプガ(2)の所属事務所の社長)に伝えると、ぜひそれをそのまま曲にしてくださいと言われ、今回楽曲提供させていただくことになって、とーってもうれしかったです。

今、やるべきことに全身全霊、魂まで全部預けてやれる人だけが、もし将来、女優になりたい、かっこいい女になりたい、お嫁さんになりたいとか、何かなりたいものがあったとしても、今やるべきことを心を込めてやってる人がそれになれるような気がするんです。そんな願いを込めて書いた曲をこれから歌って、また誰かに生きる勇気を届けていくところを見届けさせてください。楽しいステージを。

超歌手 大森靖子”


うれしすぎるメッセージに、メンバー8人は「うれしい〜」の声をあげ感慨深め。突然のいいお知らせで喜びとうれしさに包まれるアプガ(2)は、大森靖子作の新曲『し・て・る・も・ん』を初披露。キラキラのポップチューンを会場のファンへいち早くお届けした。

MCで島崎友莉亜が、今日のライブへの思いを語っていく。「たくさんの方が応援してくださったおかげで、フリーライブという機会をいただきました。アルバム『アオハル 1st』を手に取っていただいたみなさんありがとうございます。会場には、初めましての方も、ずっと応援してくださってる方もいると思います。私たちと出会ったきっかけやタイミングは違うけど、そんなみなさんが同じ空間で幸せを共有できたことがとってもうれしいです。今日、また誰かがアプガ(2)を好きになってくれるきっかけの日になったらいいなと思ってます。これからもアップアップしていくアプガ(2)の応援よろしくお願いします」とファンへ自分の気持ちを伝えた。そして「最後の曲、感謝の気持ちを込めて歌います」という声から届けられたのは、つんく♂サウンドプロデュースの『We are Winner!』。未来へ向かって進んでいく思いを爽やかに歌うと、会場は幸せなムードに包まれた。

最後に高萩千夏が「来年2020年は、1月7日にニューシングルがリリースされます。そして先ほど発表がありました通り、2月から全国ツアーがスタートします。アルバム『アオハル 1st』が目標達成できましたが、また来年の新たな目標ができました。2020年、アプガ(2)のさらなる飛躍の年にしていきたいと思います。みなさん引き続き応援よろしくお願いします!」とコメント。2020年の意気込みを口にしてライブは締めくくられた。

2020年は年明け早々にニューシングル発売、そして全国ツアーと続いていくアプガ(2)。彼女たちの言葉通り、2020年をアプガ(2)の飛躍の年にするためにも、メンバー8人とファンと一体となって今後も前進していくことは間違いなさそうだ。アプガ(2)のこれからに大いに期待しよう。

この記事の画像一覧 (全 51件)