SKE48 高柳明音の卒業ソロ曲MV、堤幸彦が手掛ける

アイドル 公開日:2019/11/29 4
この記事を
クリップ

SKE48が、センターに須田亜香里を迎え通算26枚目シングル『ソーユートコあるよね?』を2020年1月15日にリリースすることが決定。更に、カップリング曲として、松井珠理奈のソロ曲が収録されるなど、続々と収録内容についての情報が発表されているが、新たな収録内容の情報として、このニューシングルのカップリングに、高柳明音の卒業ソロ曲『青春の宝石』が収録されることが、オフィシャルHPで発表された。




高柳明音は、10月5日未明にSKE48劇場デビュー11周年前夜祭イベントとして行われた『ミッドナイト公演』にてグループの卒業を発表。シングルに収録されるソロ曲は卒業ソングとなる。

また、この曲のミュージックビデオは、堤幸彦監督が手掛けることも同時に発表。堤幸彦監督がAKB48グループソロ曲のミュージックビデオを撮るのは初めてになる。

11月29日は高柳明音の誕生日であることから、高柳明音からの2つの嬉しい、逆誕生日プレゼントを受け取るかたちとなった。

高柳明音は「『青春の宝石』というタイトルからとても素敵です。SKE48のオーディションを受けようと思った時に、1期生が合格した時の映像を見ていて、秋元先生が「ダイヤの原石」「根拠のない自信を持ちなさい」とおっしゃっていて、“自分も原石かもしれない”“いつか磨けば宝石になるかもしれない”そんなアイドルになれたらと、まだ入ってもいないのに、背中を押され、私は絶対にアイドルになりたいと思って2期生オーディションを受けたことを思い出します。今回、秋元先生からいただいた楽曲に『宝石』という言葉が入り、そして終われるということに、凄く感慨深いと思っています。この『宝石』という言葉を、秋元先生から私にいただけた一つとしたら、私はちゃんと一つの『宝石』になれたのかなと思い、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。」とコメント。

また、ミュージックビデオの監督を務めた映画監督の堤幸彦氏は「曲がホントにいい曲で、そのまま歌っている顔を頂いたほうがいいのかなと思ったんですが、卒業後に本人が役者として、女優として、一歩でも二歩でも前に進みたいと伺いまして、潔く、一切合切歌がない、そして、俳優として女優としての高柳さんの姿を見せることに徹する方が面白いのじゃないかと(今回の企画を)提案差し上げました」とコメントを寄せた。

“ちゅり”の相性で親しまれた高柳明音は2009年6月、2期生メンバーとしてデビュー。チームKIIでは初代リーダーも務めるなど、SKE48の中心メンバーとして活動。選抜制となった2ndシングル『青空片想い』以降、26thシングルの今作まで全てのシングル曲で選抜入りをする。またAKB48選抜総選挙では、2010年以降9年連続ランクイン。内2回選抜メンバーに選ばれる。


<堤幸彦氏インタビュー>

―MVとるにあたり、フェイクドキュメンタリーにしようと思われたのはなぜ?

曲がホントにいい曲で、そのまま歌っている顔を頂いたほうがいいのかなぁとおもったんですが
卒業後に本人が役者として、女優として、一歩でも二歩でも前に進みたいと伺いまして、
潔く、今までの歴史、彼女の足跡とは違う形でパッケージされると思っていたので、
僕はMV取ることは殆ど無いですが、一切合切歌がない、そして、俳優として女優としての高柳さんの姿を見せることに徹する方が面白いのじゃないかと提案差し上げた次第です。

―フェイクドキュメンタリーは普通の芝居とは違う難しさとは

カンが良くないとできないですね。ずっとアイドルをされていて、それでも色んな世の中のあれこれに触れていらしたと思うんですが、大女優の付き人という設定を考えたんですけど、なかなか見たことないだろうし、やろうとしてもなかなかできないと思うんですが、短いシーンですが、僕がやっているドラマのワンシーン、それから、お互い中の良いあるミュージシャンのMVに出演頂いたときにカンがいいなと重々承知でして、彼女だったら、この難しい変な役どころをうまく切なくこなしてくれるだろうと踏みまして、こういうことにしたと。どこが難しいかというと、演技じゃない演技、買ってこいと言われてあたふたするさまとか、キョロキョロしながら探すとか、自分の大先輩、憧れの大女優の視線の中にいて、自分はここにいるよってアピールしつつ、過不足なく彼女の身の回りの世話をしつつ、撮影も滞りなくすすめるように、滞りなくというのは大女優に恥をかかせていけないわけですよね、大女優がセリフ全部覚えているかというと、おぼつかない、危ないという設定にしているんです。そうなると彼女はカンペを持って佇んでいるとか、カメラマンに怒られながらやるとか、業界裏話的なところも演じてもらう。そういったところは彼女には経験ないかもしれませんが、多分彼女のカンの良さならやってくれるんじゃないかなと思います。

―高柳の芝居の面白さとは?

自然ですよね、わざとらしくない。姿形がいそうだな、というのがきちんと収まってもらってるし、打ち合わせしたわけではないけれど、情報をわたしただけでキャラクター作ってもらってちゃんとできている、言ったことは全てクリアしてもらっているうえで、ドジな部分、道に不慣れだ、セッティングうまく行かない、とか可愛らしくていいなと思うし、実際リアルな付き人をやってらっしゃる人ってそうじゃないかな、と思うんです。監督役の人間から指名されて、犯人に拉致される役をやる、そこに来ると女優としての見せ場だろうし、最後の最後に、大女優に良かったわよと言われて、どんな顔してもらえるのかは楽しみ。


―経緯は?

何度か高柳さんとお仕事させて頂いて、なんかあったら音楽ビデオとかお手伝いさせてね、というのは話してました。というのは、彼女はSKE48ですし、わたしは名古屋出身。そういうつながりもあって、2回ほどご一緒させてもらった仕事のなかで、キャラクターがちゃんと出てて、面白い人だなと思って、少しお話を頂いたときに、わたしの方から、是非やらせてほしい、やるんだったら歌のない演技のみの内容にしたらいかがでしょうか、と逆提案させて頂きました。

―撮影を楽しみにされていると聞いているのですが。

年末なんで、忙しいんですけど(笑)この場所蟹江町というところ、ぐるぐるまわりました。風情があるところ。名古屋駅から近いにもかかわらず風情ある路地、町並み。2時間ドラマみたいなのとったら面白いと思って、今回本気で私が企画している地理学、物理学で謎を解くっていう探偵ものができたら面白いなとおもい、ゲストに高岡早紀さんに出演頂きそれを背景にして色んな意味で楽しみにしている作品です。

―俳優の高柳以外で高柳と接している感想は?

AKBグループの皆さんって勘がいい方が多く、難易度が高い毎日を過ごされていると思うんですね。そんなカンがいいなとか人の印象に残る、ちょっとした技みたいなものは、持っているんじゃないかなとおもっていました。女優として、一歩でも二歩でも上がってこれたら嬉しいなと思います。

この記事の画像一覧 (全 3件)