AKB48ツアー選抜千秋楽、横山由依&向井地美音の目に涙

アイドル 公開日:2019/10/22 22
この記事を
クリップ

7月7日(日)NHK大阪ホールを皮切りに開始した約4年ぶりのAKB48全国ツアーは、大阪・宮城・広島・埼玉・神奈川・福岡・名古屋・東京・千葉と9会場での公演を終え、本日・10月22日(火・祝)苫小牧市民会館 大ホールにて、ツアー選抜の出演としては千秋楽となる北海道公演を開催した。

幕があがると、ステージや客席に選抜メンバー16人が登場し『真夏のSounds good!』『Everyday、カチューシャ』など、息のあった全力パフォーマンスを8曲連続で披露。AKB48グループ総監督・向井地美音が「今日でツアー選抜は最後ですけど、悔いのないように盛り上がれますか?」とファンに呼びかけると、割れんばかりの大歓声が飛び交い、会場はオープニングから熱気に包まれた。

北海道出身の坂口渚沙は「地元で千秋楽ってそうそうないことですし、千秋楽って特別じゃないですか。だからみんなで北海道旋風を巻き起こして、いい思い出を作れたらな!と思います」とコメント。小栗有以は「先輩や後輩と一緒にツアーをまわるということで、(チーム8ファン以外の)はじめましてのファンの方にもお会いできましたし、メンバーとも仲良くなれて、自分の中で大きな思い出になりました」と今回のツアーを振り返った。

さらに横山由依は、夜公演の開演前に緊張しすぎて一人ステージ脇でスタンバイしていたら、メンバーとの円陣をすっかり忘れていて、スタッフに呼ばれて慌てた!という横山にしては珍しいエピソードを暴露しながら、メンバーに「迷惑かけてごめんね」と謝罪し、会場の笑いを誘った。

続くユニットコーナーでは、柏木由紀・西川怜・坂口渚沙の3人はアイドル全開で『カッコ悪い I love you!』をキュートにパフォーマンス。岡田奈々・岡部麟・山内瑞葵の3人はクールな表情で『クサイモノだらけ』を披露し、ユニット6曲を6種6様のパフォーマンスで魅せた。

終盤は『Teacher Teacher』『NO WAY MAN』『僕たちは戦わない』を3曲続けて披露し、迫力のダンスパフォーマンスで、これまでのツアーで培った個々の体力とダンススキル・メン バー同士の一体感を発揮。その後も『言い訳Maybe』『希望的リフレイン』『大声ダイヤモンド』北海道旭川市でMV撮影を行った最新シングル『サステナブル』で、ファンも息を呑むほどの強くタフな圧巻のステージを繰り広げ、本編の幕を閉じた。

アンコールは『AKB参上!』でスタート。『恋人いない選手権』『法定速度と優越感』『君と虹と太陽と』に加えて、夜公演は千秋楽ということで『Mosh & Dive』『夏が行っちゃった』『永遠より続くように』のダブルアンコール3曲が追加され、会場の盛り上がりも最高潮に!コンサートタイトルの通り、メンバーとファンがひとつになって《楽しいばかりがAKB!》を満喫した内容の公演となった。


■メンバーコメント(ステージ上、一部抜粋)
<AKB48チームA 横山由依>




自分が総監督のときにツアーができなかったことがすごく悔しかったんですけど…各地でファンの方がツアーに来てね!って何度も言ってくださっていて、でもそれを叶えられなかったことが自分としてはすごく力不足だなと感じていたけど、でもそれを言い続けて、みーおん(向井地)が引き継いでくれて、メンバーもいっぱいいっぱいツアーに行きたいって言ってくれたのが、こうやって叶ったと思うので、本当に本当に嬉しいですし、ファンのみなさんの顔を見てると、きっとみなさんも普段、学校や仕事で色々なことがあって、それもこの瞬間だけでも忘れてくれたら嬉しいなと思いますし、メンバーもそうですけど、たくさんのファンの方がいて、スタッフさんがいて、このAKB48が成り立っているんだな、っていうのをこのツアーを通して改めて感じたので、これからもいろんなことをAKBでやっていくと思うんですけど、みなさんに楽しいとか、嬉しいとか、ちょっと変だなってとこもあるかもしれないけど、変化を恐れず、たくさん挑戦して、もがいて、もっともっとたくさんの方に愛していただけるグループになって、もっと地方だったり大きなステージに立てるように頑張りたいなと思いますので、これからも総監督をはじめ、メンバーみんなのことを応援よろしくお願いします

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 11件)