“王道AKB48”で魅了した初の台湾コンサート、阿部マリア卒業を祝福

アイドル 公開日:2019/10/20 12
この記事を
クリップ

10月19日(土) 台湾の台北アリーナにて、AKB48として初の台湾コンサート『AKB48 in Taipei 2019 ~ Are You Ready For It?』が行われた。

今回の台北でのコンサートはAKB48のメンバーによる、「アイドルAKB48を台湾の皆さんに存分にお見せする」をイメージした、見所満載の公演。オープニングは中央の大スクリーンが開きAKB48メンバー16人が登場。歓声が沸き起こる中、『重力シンパシー』で会場を盛り上げた。 続いて『会いたかった』『言い訳Maybe』『大声ダイヤモンド』とAKB48の人気レパートリーを披露し、王道AKB48、アイドルAKB48を台湾のファンに届けた。

冒頭のMCでは、総監督の向井地美音からの「AKB48です!」の一声で会場からは大歓声。自己紹介MCで横山由依は過去に台湾に来た際に経験した足ツボマッサージで「普通の人より硬いと言われた」というエピソードを話すと会場からは笑いが起きていた。

続いてユニットコーナーでは、加藤玲奈向井地美音横山由依での『ハート型ウイルス』や、岡部麟小栗有以による『てもでもの涙』など、初の台湾コンサートならではの、ここでしか見られないユニット曲を次々と披露した。今回のコンサートでは、台湾で活動するTeamTPも登場し、『前しか向かねえ』『LOVE修行』をパフォーマンス。


その後TeamTPで活動している阿部マリアの卒業セレモニーとして、阿部マリアソロでの『右足エビデンス』を長い手足を生かしたダンスでカッコよく歌い上げ、次に阿部マリアとTeamTPの阿部選抜による『僕たちは戦わない』で迫力あるダンスパフォーマンスでファンを魅了した。




2曲終わりには阿部マリアからファンへ、感謝の気持ちとこれから自分の進む道をしっかりと伝えた。その後、同期の加藤玲奈は、同期としての年月の長さをしみじみと思い出しながら阿部の卒業を祝福。同じく同期の現在メキシコで活躍する入山杏奈からのサプライズメッセージも紹介され、阿部マリアは大きな驚きと喜びを見せていた。そして加藤玲奈阿部マリア、そしてTeamTP阿部選抜での『Green Flash』をしっとりとしながらも力強く歌い上げ、会場は楽曲に聞き惚れていた。

本編後半では、AKB48メンバーとTeamTPメンバーで『#好きなんだ』『ハイテンション』を披露。そして本編最後の曲『草原の奇跡』では阿部マリアが自慢の美脚が目立ったクラシカルなドレスで登場すると、会場のファンからは盛大な拍手と歓声が湧き上がった。

更に曲中にはタイに2019年に発足した、BNK48の姉妹グループCGM48のメンバー兼支配人の同期の伊豆田莉奈が花束を持って阿部マリアの卒業を祝福しに駆けつけた。伊豆田は涙しながら「おめでとう」とコメント。対して阿部マリアは「リナが来ると面白くなる。持って行かれたよ~」と答え、会場は感動に包まれながらも笑顔の絶えない雰囲気となった。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 11件)