SKE48高柳明音、突然の卒業発表で伝えた感謝と決意「宝物も十分にもらった」

アイドル 公開日:2019/10/05 7
この記事を
クリップ

名古屋・栄を中心に活動を続けるSKE48高柳明音が、2019年10月4日深夜、名古屋・SKE48劇場で行われた「劇場デビュー11周年特別イベント前夜祭」のミッドナイト公演で、グループ卒業を発表した。

ミッドナイト公演、最後の曲「スルー・ザ・ナイト」が終わり、高柳明音は、ミッドナイト公演を締めくくる挨拶とともに「私、高柳明音SKE48を卒業することにしました。すみません、急な発表で」との突然の発表に会場は驚きの声が上がった。

続けて「メンバーには誰にも言ってなかったんですけど、今日までみんなで、公演を成功させるために一生懸命頑張ってきたので、みんなには内緒で今日発表させてもらいました」と事前にメンバーには伝えていなかったことを話し、「SKE48で10年、10年半かな、毎日楽しくてアイドルが本当に好きでいつまでもいたいなと思う自分もいるけどでも、ここだな、って自分で思ったので決めました。ここで発表したいなと思ったのは、きっとミッドナイト公演に出るメンバーは、公演が大好きで私が信頼しているメンバーたちが出てくれると思ったので。明日の11周年公演はお祝いなので、今日にさせてもらいました」と話した。




終演後、高柳明音は「10年やってきて何回もやめようと思ったことがあったけど、諦められないこともたくさんあって、10年半続けてきました。やっと全てに納得がいくところがあって、それにしても10年半というのは長いですよね(笑)、SKE48でできることは、まだ半年ほどやれることはあるけど、だいぶ伝えきったな、出し切ったなと思うし、SKE48がくださる宝物も十分にもらったと思ったので、これから新しい、今までの10年を無駄にしない、女優という夢を叶えられるように頑張りたいと思います。卒業することにしましたが、ちょっとだけ時間があるので、春頃までかな、あと半年くらいあるので、それまで応援してもらえると嬉しいです」と感謝と決意を語った。

高柳明音の卒業時期は未定。

この記事の画像一覧 (全 4件)