たこやきレインボー、イナズマロック フェス初出演で「琵琶湖に感謝」

アイドル 公開日:2019/09/22 4
この記事を
クリップ

関西出身の5人組アイドルグループ、たこやきレインボーが9月21日に開催された「イナズマロックフェス2019」DAY1に出演した。

「イナズマロックフェス」初参戦となるたこやきレインボーは風神ステージに登場し、サビの歌詞に琵琶湖への感謝が盛り込まれた、前山田健一プロデュースの代表曲『絶唱!なにわで生まれた少女たち』を明るく元気に歌い上げ、琵琶湖が舞台のイナズマロックフェスで『琵琶湖に感謝』するという悲願を達成した。




つづけて松隈ケンタプロデュースのメジャーデビュー曲『ナナイロダンス』、そして氣志團が提供した楽曲『ウエッサイ・ストーリー』とアッパーな楽曲で畳みかけ、さらにはMINMIの大ヒット曲をカバーした『シャナナ☆』では、観客も一体となってタオルを回し風神ステージの熱気は最高潮に。

ラストは自らのグループ名の一部をタイトルに冠し、多様性の素晴らしさを歌った『RAINBOW ~私は私やねんから~』をパフォーマンスし、「琵琶湖の水で育った」たこやきレインボーが琵琶湖に大きな虹をかけ、ロックファンを魅了した。

 たこやきレインボー10月23日にニューシングル『もっともっともっと話そうよ-Digital Native Generation-』をリリース、12月15日に東京・中野サンプラザにてワンマンライブ『なにわンダーライブ2019』、12月31日に大阪・Zepp Nambaにて『西日本アイドルフェスティバル2019』を開催する。

 

<セットリスト>

「イナズマロック フェス2019」

1.絶唱!なにわで生まれた少女たち(CLUB RAINBOW ver.)

2.ナナイロダンス

3.ウエッサイ・ストーリー

4.シャナナ☆

5. RAINBOW〜私は私やねんから〜

この記事の画像一覧 (全 7件)