AKB48の雨女 柏木由紀、曇天屋外イベントに「晴れ女(仮)」で

アイドル 公開日:2019/09/21 24
この記事を
クリップ

AKB48が21日、東京・台場のダイバーシティ東京プラザで56thシングル『サステナブル』の発売記念イベントを開催。メンバーの岡田奈々、柏木由紀、向井地美音、村山彩希、横山由依、矢作萌夏が出席した。

オープンスペースで行われた同イベントでは、ミニライブとして表題曲『サステナブル』のほか、『フライングゲット』や『ヘビーローテション』などの人気楽曲を含む計6曲を披露し、AKB48目当てに詰めかけたファンのみならず、通りかかりに足を止めた一般客を含め、約2000人を楽しませた。




また、今にも雨が降り出しそうな曇天の中、イベントが行われたが、最初のMCで向井地は「今日は雨の予報もチラッとあったみたいなんですけど、無事に曇りで、ゆきりん(柏木)さんありがとうございます!」と雨女として名高い柏木をイジって笑いを誘うと、柏木も「今日は本気を出さないでよかったです」とニッコリ。イベント後の囲み取材で、雨が降らなかったことについての感想を聞かれた柏木は「昨日からずっと天気予報をチェックしていて、朝起きたときに1日曇りマークだったので、これはイケるんじゃないかなと思いました。雨が降ったら、ハイタッチ会でファンの方にすっごい文句を言われるので(笑)助かりました」と胸を撫で下ろし、これで雨女は返上できそうかと声をかけられると「できれば晴れにして“晴れ女”になりたいので、“晴れ女(仮)”で(笑)」と笑顔を見せた。

さらに、ミニライブ中のMCで『サステナブル』のMV撮影の話になると、柏木は「私は運転したのよ!」と胸を張り、「オープンカーを免許を取ってから初めて運転して、乗せてたのがNMB48のみる(白間美瑠)と、あかりん(吉田朱里)と、チーム8のりんちゃん(岡部麟)なんですけど、みるが昨日SHOWROOMで「田んぼに落ちそうな運転だった」って言っていて、それは本当に盛りすぎなんだけど、本当に初めてなので緊張しました。写っている手も緊張でガチガチで恥ずかしい(笑)」と回顧。

その話題も囲み取材で話題に及ぶと、柏木は「免許を4年前に取ってから1回も運転をしたことがなくて、初めてこの撮影で運転したんですけど、なんせ4年間運転していなかったので、ブレーキ、アクセルを確認するところから始まって」と打ち明けると、メンバーは「こわーい」と声を震わせた。一本道のみ運転をしたそうだが柏木は「ちょっと感覚が難しくて、みんなに怖い思いをさせてしまいました」と反省。これを機に運転をしてみたいと思ったかとの問いに柏木は「これを機に運転はしばらくやめようと思いました(笑)」と吐露した。

イベントを終えた感想を聞かれると、総監督の向井地は「前作の『ジワるDAYS』のときから、こういう風にリリースイベントをさせていただけて、今回も引き続きということで、すごくたくさんの方が集まってくれて嬉しいですし、なかなかオープンスペースでライブができることが少なかったので、初めてAKB48を見た方にも好きになってもらえたらいいなと思います」と期待を寄せ、『サステナブル』でセンターポジションを務める矢作は「リリースイベントに参加させていただいたのが初めてで、すごく緊張したんですけど、ファンの方が温かく迎えてくださったのでパワーをもらえました」とニッコリ。

そんな矢作の魅力を尋ねられると、矢作から腕を絡まれた岡田は「先輩に対して甘え上手で愛嬌もあるし、『すち』っていうよくわからない言葉、いまどきの言葉や自分流の言葉を使う子で、今までいなかった特殊な子だなと思いますし、そのギャップとして歌声がすごく素敵で、10月に行われる『AKB48グループ歌唱力No.1決定戦』の決勝にも残っていて1位候補だもんね。それくらい歌に魅力を感じて、実力的には引っ張ってくれる存在だと思います」と大絶賛し、これを聞いた矢作は「嬉しいでーす」と照れた。

なお、今年は選抜総選挙の開催がなかったが、上半期の感想を聞かれた向井地は「入ってから毎年選挙がある夏が当たり前だったので、ぽっかり寂しいなという気持ちはあったんですけど、逆にAKB48としては全国ツアーを回らせていただけて、みんなで競い合うというよりは1つになれた夏だったかなと思ったので、青春という思い出もたくさんできましたし、楽しかったです」と充実した表情を浮かべ、「来年以降、まだ選挙があるかわからないんですけど、あったときは今年学んだことを生かして、来年それぞれさらに上を目指して行きたいなと思っています」と意気込みを語った。

また、年末に向けて、レコード大賞や紅白歌合戦への思いを聞かれると、横山は「素敵な楽曲を先生が書いてくださったので、いまのタイミングでAKB48も原点回帰をして頑張って行きなさいというメッセージが込められていると思うので、賞レースとか紅白歌合戦に出させていただけるなら嬉しいですけど、自分たちの実力をもっともっと付けて、たくさん応援していただけるように、自分たちも初心を忘れずに頑張りたいなと思います」と力強く語った。


<セットリスト>

M01:フライングゲット

M02:大声ダイヤモンド

〜MC〜

M03:サステナブル

〜MC〜

M04:言い訳Maybe

M05:重力シンパシー

〜MC〜

M06:ヘビーローテション

この記事の画像一覧 (全 46件)