欅坂46 9thシングルから選抜制、17名を選出 2期生が大躍進

アイドル 公開日:2019/09/09 8
この記事を
クリップ

欅坂46が、次回発売の9thシングルから選抜制に変更された。

これまで全員でパフォーマンスしてきた欅坂46。8日深夜放送の「欅って、書けない?」では、 先日メンバー全員を集めて選抜発表が行われた模様を紹介し、スタジオに選抜メンバーが登場した。

9thシングルのフォーメーションは後列7人、中列5人、前列5人の17人の過去最小規模の精鋭が揃うことになる。




後列右から藤吉夏鈴、藤吉は「3列目の端っこは、すごくダンスがうまい人達がいつも選ばれているイメージがあるので、与えてもらったポジションをしっかり努めます」と話した。その隣が上村莉菜関有美子。後列左端は土生瑞穂、以降、渡辺梨加井上梨名、復帰した原田葵が選抜入りを果たした。

中列左から武元唯衣菅井友香森田ひかる守屋茜佐藤詩織

前列は左から小林由依松田里奈、右から渡邉理佐田村保乃、そして9thシングルのセンターに選ばれたのは、平手友梨奈、デビュー曲以来、9作連続のセンターとなる。

平手は「ファンの方がついてきてくれるか不安なんですけど、でも良い作品になるといいなって思ってます」と心境を語った。またキャプテン菅井は「グループが停滞しているのは感じていたので、欅坂46が変わるためにはこれしかないのかなって思いました」と胸の内を吐露した。

9枚目にして選抜制度を導入した新生欅坂46に、さらに熱い思いを注いでほしい。

その後番組はバラエティーに急転、ドキュメンタルな空気からポップな「結束力クイズ」で盛り上がった。


写真:「欅坂46 3rd YEAR ANNIVERSARY LIVE」より