乃木坂46筒井あやめ、歴代シングルの制服衣装全部着る

アイドル 公開日:2019/08/26 12
この記事を
クリップ

乃木坂46の24thシングル『夜明けまで強がらなくてもいい』のリリースを記念して、「筒井あやめ 制服コレクション」と題した特設サイトが公開された。




これは同作(9月4日リリース)の発売にちなんで、4期生の筒井あやめ乃木坂46の全シングル衣装の制服を着用し撮影した画像を多角的に楽しめるというもの。特設サイトオープンにあわせて、まずはデビューシングル『ぐるぐるカーテン』(2012年2月発売)から5thシングル『君の名は希望』(2013年3月発売)までの5作品の制服着用写真が公開されている。

一度に50着以上もの制服を着用した筒井は、「先輩が着ていた制服を、自分も着られるということがまずうれしくて。テレビや雑誌などで見たことがある衣装も多いですが、初めて着るものばかりなのでとても新鮮でした」とコメント。デビュー当時の制服と現在の制服とを比べ、「今と全然違いますよね。今は丈も長めでワンピースみたいな感じですけど、初期の頃はちょっと丈も短めで、いかにも制服っていう印象。これもこれで可愛いなと思いました」と感想を口にした。

今回公開された5作品の衣装に関して、特に印象に残ったものを尋ねると、「私は地元にいた頃、ずっとセーラー服だったので、ブレザーに憧れがあったんです。なので、『制服のマネキン』(2012年12月発売の4thシングル)の衣装を着たときはうれしくて興奮しました(笑)」と回答。加えて、「特に初期の衣装は、3パターンとか4パターンとかあってびっくりしました」と今との違いに驚いた様子だった。

まだ未公開の『夏のFree&Easy』(2014年7月発売の9thシングル)の衣装を着た写真も先駆けて公開。

筒井あやめ 制服コレクション」では今後も随時、筒井の制服着用写真を公開していく。8年にわたる乃木坂46の歴史と新世代メンバーとのコラボレーションを、ぜひこの特設サイトを通じて楽しんでもらいたい。

この記事の画像一覧 (全 9件)