AKB48チーム8 全国ツアー大阪公演は「エイトの日」地元永野芹佳も感動ひとしお

アイドル 公開日:2019/08/08 10
この記事を
クリップ

8⽉8⽇(⽊)、AKB48チーム8「TOYOTA presents AKB48チーム8 全国ツ アー〜47の素敵な街へ〜〈⼤阪府公演はエイトの⽇!グランキューブ祭り!2019〉」を⼤阪国際会議場グランキューブ⼤阪にて開催された。

結成 5 周年を迎え、今年で6回⽬となる「エイトの⽇」は、TOYOTA presents AKB48 チー ム 8 全国ツアー〜47 の素敵な街へ〜の 40箇所⽬・⼤阪府公演としての開催となった。 




永野芹佳(⼤阪府代表)の掛け声によりスタートした朝公演は、「OG集結祭り」と題して、 卒業メンバーが⼤集結し、現役メンバーと OG メンバーでステージを盛り上げた。 冒頭 3 曲は、チーム8の結成当時にお披露⽬として全国各地のイベントに出演した際披露していた思い出の曲。早坂つむぎ(元⼭形県代表・現コインロッカーズ)は、「当時 12 歳で記憶がないんだけど、(今のグループで⾃分が年上メンバーになってみて)今思うと優しく仲良くしてくれていたことに感謝しかない」と久しぶりに会うメンバーへ改めて感謝を伝えた。

中盤コーナーでは、初代メンバー(現役と OG 混合)によるエリアごとのユニッ トや、『汚れている真実』をオリジナルのメンバー(IZ*ONE 専任活動中の本⽥仁美(栃⽊県代表)を除く)と⾐装で披露するなど、結成当初から応援しているファンにとっては胸熱なステージとなった。

アンコール明け『47 の素敵な街へ』では、新旧メンバー2 名 で代表県を叫ぶシーンもあり、会場のボルテージも最⾼潮に。さらに公演最後には、チーム8代表不在県メンバー募集の合同オーディション開催決定の発表があった。

小栗有以(東京都代表)は「47 ⼈のチーム 8 に戻って、また新たにパワーアップしたチーム 8 をお届けできるように頑張りますので、みなさんよろしくお願いします︕」と意気込みを語り、朝公演は幕を閉じた。

昼公演は「エリア祭り」と題し、現役メンバーが 6 つのエリアに分かれてパフォーマンス。 ⾃分が所属する以外のエリアの印象として、濵咲友菜(滋賀県代表)は「関東メンバーは関⻄メンバーにはない爽やかさがある」と⾔うと、⼤⻄桃⾹(奈良県代表)や太田奈緒(京都府代表)が体をクネクネ動かし爽やかさ(︖)をアピール。すかさず濵が「そうゆうところやねん︕ (⼩栗)ゆいゆい⾒てみ︕」と、ニコニコ黙って⾒守っている⼩栗との差を指摘した。 

アンコール明けは、永野芹佳が「ファンの皆さんに頂いた曲だから、⼤阪公演で絶対やりた かった」とリクエストしたという『⽉の仮⾯』(昨年選抜総選挙アップカミングガールズ楽曲) からスタート。続いては太田奈緒(京都府代表)のピアノ伴奏による『僕らのユリイカ』を、 ⻘いペンライトに染まる会場に響き渡るようにしっとりと披露。本公演の感想を聞かれた永野芹佳は「本当に幸せなことだなと思っていて。ファンの皆さんもチケットいっぱい買ってくれて、メンバーも⼤阪まで来てくれて・・・」と涙に声を詰まらせつつも笑いを取ると、会場からは「セリカ」コールが湧き起こった。すると「夜もそれ(セリカコール)やって下さい」 とまた会場に爆笑を巻き起こした。 

夜公演 1 曲⽬は、永野芹佳センターでの AKB48 の最新曲『サステナブル』(9 ⽉ 18 ⽇発売)からスタート。「ユニット祭り」と題した本⽇最後の公演では、メンバー⾃⾝が希望したユニ ット曲を次々に披露。横⼭由依のファンで初めて買った CD が『波乗りかき氷』という宮里莉羅 (沖縄県代表)は憧れだった同曲を夏らしくパフォーマンス。坂口渚沙(北海道代表)は「かっこいい⼀⾯を魅せれると思う」と披露前にアピールしていたように、小栗有以らとクールに 『涙の表⾯張⼒』を披露した。

途中 MC コーナーでは会場のファンとのトークの掛け合いなどもあり、温かい雰囲気のまま夜の部はいよいよラストスパート。チーム 8 の活動テーマソングでもある『47 の素敵な街へ』では会場が割れんばかりのファンのガチ恋⼝上に、負けじとパフォーマンスで呼応するメンバーたち。メンバーとファンが⼀体となった瞬間だった。

 盛⼤なアンコールに迎えられ、『へなちょこサポート』『蜂の巣ダンス』とチーム 8 の楽曲 を全メンバーで披露。続いて左伴彩佳(⼭梨県代表)のピアノ伴奏による『ジャングルジム』では意外な選曲に会場もどよめいていた。 

地元開催3公演を終えた永野芹佳は、1 ⽇を振り返り「みさっきー(寺田美咲(長崎県代表)) とか今⽇最後だからすごい寂しいけど、みんなで出演できて本当によかったです。わざわざお暑い中みなさん⾜を運んでいただきありがとうございます。楽しかったですか︖」とファンに問うと再び「セリカ」コールが湧き起こり、涙で瞳を潤ませた永野は「本当は⼀⽣聞いていたいんですけど・・・本当に本当に今⽇はありがとうございました。楽しかったでーす︕」と元気に感謝の気持ちを伝えた。 エイトの⽇最後を締めくくる曲は、全国で O.A.中のトヨタレンタカーTVCM でも流れている 『好きだ 好きだ 好きだ』で元気よく幕を閉じた。 

夜公演最後の『好きだ 好きだ 好きだ』披露後、本曲が 9 ⽉ 18 ⽇発売の 56thSG『サステナブル』のカップリングに収録することと、MV 撮影が⾏われたことが発表された。 


【告知後ステージ上でのコメント】 

★倉野尾成美

 (撮影済みの MV は)本当に楽曲タイトルどおりなド直球に”好き”って感じの MV 撮影でした。撮影⾵景の写真でもちらっと写っていましたが「LOVE」って⽂字のセットだったり、 ⾐装もすごくかわいかった。  

★岡部麟 

いつもの MV 撮影だと当⽇にダンスを憶えたりするのですが、今回はいろいろなところで楽曲を披露してからの MV 撮影だったのでダンスを憶えることに気を取られず、みんな⾃分の可愛さを全⾯に出していたから、(今回の MV は)⾃信作だよね笑。 

ⒸAKS


この記事の画像一覧 (全 22件)