BEYOOOOONDSメジャーデビュー「日本をビヨーンと飛び越えて世界まで」

アイドル 公開日:2019/08/07 15
この記事を
クリップ

ハロー!プロジェクト所属の12人組アイドルグループ“BEYOOOOONDS(ビヨーンズ)”が6日、都内でメジャーデビューシングル『眼鏡の男の子/ニッポンノD・N・A!/Go Waist』(トリプルA面シングル)の発売記念イベントを開催した。




BEYOOOOONDS”は、ハロプロ研修生から選ばれたメンバーで結成されたユニット“CHICA#TETSU(チカ#テツ)”、“雨ノ森 川海(あめのもり かわうみ)”と、「ハロー!プロジェクト“ONLY YOU”オーディション」合格者の計12名(一岡伶奈島倉りか西田汐里江口紗耶高瀬くるみ前田こころ山﨑夢羽岡村美波清野桃々姫平井美葉小林萌花里吉うたの)で構成され、8月7日にメジャーデビューする。

イベント前に囲み取材に応じたメンバーは、メジャーデビューを前日に控えての心境を尋ねられると、高瀬は「“ついに来た!”ってすごく感じていて、メジャーデビューの発表があってから3ヶ月、本当にあっという間に過ぎていって、でも1日1日がとっても充実していて、メンバーの絆も深まった今の状況でのメジャーデビューなので、私は自信しかないです!」と力強く語り、「(グループ名の由来となった)Beyondの意味(〜を超えて、〜の向こう側へ)のように、今あるアイドルの概念とか枠をビヨーンと超えて大きく未来に伸びていければなと思っております」と意気込んだ。

また、ほかのアイドルグループに負けない点を聞かれると、一岡は「ヒューマンビートボックスが得意な清野桃々姫ちゃんがいたり、ダンスが得意な平井美葉ちゃんと里吉うたのちゃん、ピアノが得意な小林萌花ちゃん、趣味で私は鉄道が好きなんですけど、恐竜が大好きな島倉りかちゃんがいたりと、本当に12人、1人ひとり個性が強いので、そこはほかのどのアイドルの方々にも負けない強みじゃないかなと思います」と胸を張り、高瀬も「楽曲がひと癖もふた癖もあるというのも私たちの強みかなと思っていて、メジャーデビューシングルの3曲どの曲もいろんな系統だけど、ちょっと普通じゃない感じというのが私たちの面白いところだったり、強みでもあるかなと思うので、今後も私たちにしかできないことを探していけたらいいかなと思っています」と語った。

同世代の女子プロゴルファー・渋野日向子が、全英女子オープンを優勝するという快挙を達成したことについてコメントを求められると、渋野の同い年の高瀬は「20歳という若い世代が世界一になったのであれば、私たちも世界一を目指して頑張りたいなというのは、そのニュースを見てすごく感じました」と刺激を受けたようで、「同い年の人が世界で戦って1位になりましたというニュースを見ていると、だったら自分ももっともっと頑張ったら、もっともっといい景色が見られるし、もっともっとすごいこともできるんじゃないかという可能性を感じたので、もっともっとこの12人で世界一を目指して頑張りたいなと思いました。日本をビヨーンと飛び越えて、世界まで行けたらいいなと思います」と目を輝かせた。

さらに、渋野日向子はラウンド中に駄菓子の「タラタラしてんじゃね~よ』」を食べていたことも話題となったが、BEYOOOOONDSのメンバー内で流行っている食べ物はあるか尋ねられると、高瀬は「芋けんぴ」と即答し、「みんな大好きなんですよね。若い子だとチョコレートとかクッキーとか、かわいいものかと思うんですけど、みんな渋くて、芋けんぴは毎日誰かが持っています」と打ち明け、「芋けんぴって日本の古き良きお菓子だと思うので、日本の心も忘れずに、でもチョコがかかっている芋けんぴもあるので、芋けんぴのようにいろんな要素を吸収できるアイドルになれたらいいなと思いますね(笑)」とコメントした。


<セットリスト>

M01:眼鏡の男の子

M02:文化祭実行委員長の恋

M03:ニッポンノD・N・A!

M04:都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて

M05:GIRL ZONE

M06:Go Waist


   


   


   

この記事の画像一覧 (全 5件)

関連記事