たけやま3.5「TIF2019」灼熱の屋外ステージに上品で爽やかな風吹かせる

アイドル 公開日:2019/08/03 20
この記事を
クリップ

4人組ガールズバンド“たけやま3.5”(武田雛歩、星川遥香、脇田穂乃香、濵邊咲良)が3日、東京・お台場青海周辺エリアで8月2日から4日にかけて開催されている世界最大のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」(TIF2019)2日目のSMILE GARDEN(フジテレビ湾岸スタジオ 横 公園)に出演した。




強い西日が降り注ぐ会場に、ドラムの脇田、ベースの星川、ギターの濵邊が1人ずつ登場し、最後に登場したボーカルの武田が「SMILE GARDENへお越しの皆さん、こんにちはー!エンタメガールズバンド、たけやま35です。これから皆さんには大きな声を出してもらうことがたくさんありますが、盛り上がる準備はできていますかー!最高のライブにしましょうー!」とかわいらしい声で煽ると、観客も呼応し「息してるだけでかわいい」の声が飛ぶ中、『LIVE ALIVE』からスタート。爽やかな歌声と生演奏の迫力で観客の心を掴むと、2曲目は『Serenade』ではノリのいいかっこいいリズムと力強い歌声を会場に響渡せた。

その後のMCで武田は「今日、たけやま3.5TIFのこのSMILE GARDENに立たせてもらうのは、今年が初めてですぅ」と嬉しそうに語り、「去年、初めてTIFに来させてもらって、めちゃめちゃ、たけやまを知ってくださった方も多かったので、今年もいっぱい知って帰ってもらえるように頑張りたいと思いまーす。よろしくお願いしまーす」と声を弾ませた。

そして「あと2曲、余っておりますので…」とコメントすると、会場から「えーっ!」との声が多数飛び、これに武田は「その『えーっ!』はどっちの『えー』やあ?いま来たばっかりのほう?」と天性の甘え声で尋ね、「2曲とも楽しんでいけますかー」と再びかわいらしい声で煽り、ロックテイストの『8969』と新曲『恋空チャイム』を披露して幕を下ろした。

かわいらしさと爽やかさ、そして上品さを兼ね備え、うだるような暑さにやられていた観客には一服の清涼剤となった“たけやま3.5”の同ライブ。「愛媛から世界へ」をスローガンに掲げる“たけやま3.5”が、世界の清涼剤になる日は、そう遠くないかもしれない。


<セットリスト>

M01:LIVE ALIVE

M02:Serenade

M03:8969

M04:恋空チャイム


この記事の画像一覧 (全 31件)