HKT48「TIF2019」で変わらぬ魅力と進化した一面披露

アイドル 公開日:2019/08/02 18
この記事を
クリップ

HKT48が2日、東京・お台場青海周辺エリアで8月2日から4日にかけて開催されている世界最大のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」(TIF2019)初日のHOT STAGE(Zepp DiverCity)に出演した。




同ライブには、石橋颯、運上弘菜小田彩加、上島楓、田島芽瑠田中美久豊永阿紀渕上舞松岡菜摘松岡はな松本日向、水上凜巳花、宮崎想乃村重杏奈本村碧唯、渡部愛加里の16名が出演。

眉村ちあきが残した独特の雰囲気が会場を包む中、48グループ恒例のOVERTUREが流れると一変、会場が熱気で包まれ、田島の「皆さん、声出す準備はできていますかー!盛り上がっていくぞー!」の掛け声でメンバーが登場し、『桜、みんなで食べた』『12秒』を披露して会場をHKT色に染め、続けて田中が「みんな、もっともっと声出して行きましょう!」と煽ると、息つく暇なく『早送りカレンダー』を披露するなどHKTのアッパーチューンを立て続けに3曲披露。

そして、松岡菜摘が「楽しんでいますか。私たちと一緒に楽しい夏の思い出を作って行きましょう!」と挨拶すると、すぐにAKB48のサマーチューン『ポニーテールとシュシュ』のイントロがスタート。これにファンのボルテージが一気に爆上がり、異様な盛り上がりを見せると、昨年、デビュー仕立てで同ステージを経験した渡部が「皆さん、まだまだ盛り上がっていけますよねー!声出して行くぞー!」とさらにファンに火を付け、AKB48のシングルにカップリングとして収録されたHKT48の名曲『ウインクは3回』『大人列車』を披露。

さらに、本村が「皆さん、まだまだ盛り上がれますかー!もっともっと声出せますかー!」と叫び、同グループを卒業した指原莉乃がセンターを務めたAKB48の楽曲『#好きなんだ』のイントロが流れ始めると、田中は「3連ミックスお願いしまーす!あー、よっしゃいくぞー!」と盛り上げ、センターポジションで堂々たるパフォーマンスを魅せた。そしてラストは、HKT48のキラーチューン『メロンジュース』『最高かよ』を全力パフォーマンスをし、メンバーもファンも汗だくで大盛り上がりの中、ステージは終了した。

与えられた30分という時間を、ほぼMCを入れず、HKT48らしいポップな楽曲を楽しげに踊り、飛び跳ね、笑顔いっぱいで披露するなど、これまでと変わらぬ一面を見せた一方、今までは指原が行なっていたファンの煽りを、各メンバーが要所要所で行うなど、新たな一面も覗かせたHKT48のさらなる進化から目が離せない。


<セットリスト>

M01:桜、みんなで食べた

M02:12秒

M03:早送りカレンダー

M04:ポニーテールとシュシュ

M05:ウインクは3回

M06:大人列車

M07:#好きなんだ

M08:メロンジュース

M09:最高かよ


   


   

この記事の画像一覧 (全 45件)