STU48リリイベ最終日神戸に寄港、地元門脇実優菜&石田みなみ感激

アイドル 公開日:2019/08/01 18
この記事を
クリップ

7月31日、STU48の3rdシングル『大好きな人』がリリース日を迎え、神戸メリケンパーク屋外ステージで、イベント”せとうちめぐり”最終日が行われた。同じく船上劇場「STU48号」が神戸港に初寄港し、イベント前には「GO!GO!Little SEABIRDS」公演を行った。




OvertureのBGMに乗せて1曲目はデビューシングル『暗闇』を披露。その後はメンバー全員が自己紹介し、神戸港初寄港の話題に。兵庫県出身の門脇実優菜は「待ちに待った兵庫での公演ができて、とても嬉しいです。機会があれば私の生まれ育った淡路島でも船上公演をやりたいです!」と地元での公演に喜びのコメント。

その後は神戸港初寄港セレモニーへ。兵庫県産業労働部観光課 城友美子氏、一般財団法人神戸観光局専務理事 大藪典子氏からお祝いの言葉が贈られ、歓迎の花束を石田みなみが、記念盾を岡田奈々が、記念品のキャップを門脇実優菜が受け取った。

兵庫県出身の石田みなみは「STU48として活動して2年半、色々な地域でイベントをやらせていただきましたが、兵庫県でイベントなどを行うことが少なかったので、こうして神戸港に来ることは大きな意味があるち思います。港は観光で来られる方が多いので、そこでSTU48号を見て、興味を持ってもらえるきっかけになればうれしいです。これからも瀬戸内に、そして私の大好きな、地元の兵庫県にもっと貢献できるようなアイドルグループになりたいです」と今後の抱負とともに、初寄港の喜びを語った。

セレモニー後は『出航』『ペダルと車輪と来た道と』『夢力』のアップテンポナンバーを3曲連続で披露。野外ステージから神戸の空にメンバーの歌声と、ファンの声援が響き渡った。最後は3rdシングルの表題曲『大好きな人』を披露し、リリースイベントは終了した。

イベント後の囲み取材では、今作のセンターを務める瀧野由美子が「(今回のリリースイベント)“せとうちめぐり”では、課外活動ユニットの各メンバーでまわらせていただいたんですが、多くのファンの方が“せとうちめぐり”の感想を楽しそうに教えてくれました。あらためて瀬戸内の良さと、そこにいる人たちの温かさを感じました」と話し、キャプテンの岡田奈々(AKB48 Team4兼任)が、「STU48で今まで表現したことのない、大切な人との別れを描いた切ない曲調の楽曲でしたので、手さぐりで挑戦しました。3作連続でオリコンデイリー1位を獲得できたのは、日々応援してくれるファンの皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。これからも1位を頂けるように頑張りたいです」と喜びを語った。

ⒸSTU


   


   


   


   


この記事の画像一覧 (全 15件)