乃木坂46久保史緒里、地元・宮城仙台の観光名所を巡る

アイドル 公開日:2019/07/23 9
この記事を
クリップ

乃木坂46の久保史緒里が、地元・宮城仙台の魅力を伝えるWEB動画「宮城・仙台 旅しおり」に出演。本WEB動画シリーズに久保史緒里が出演するのは、3年目となる。





今回のロケでは、 まず久保史緒里にもテンションを上げて楽しんでもらおうと、 地元の方々にも親しまれる動物園や遊園地での「仙台レジャー篇」<8月1日(木)公開予定>撮影からスタート。 仙台の高台にある「仙台市八木山動物公園」は久保史緒里自身も久しぶりの訪問。 動物たちを身近に感じることができ、 久保史緒里もじかに触れ合います。 久保史緒里ともつながりのある!?名前のニホンザル「〇〇ちゃん」の登場も見どころだ。また「八木山ベニーランド」では、 アトラクションやゲームコーナーで久保史緒里の遊びごころも最高潮に!素の表情で楽しむ様子に注目したい。

今回はじめて石巻に足を運んだ、「石巻篇」では、 石巻市出身の漫画家・石ノ森章太郎先生の「石ノ森萬画館」を訪れた。 館内での展示物の他、 街全体に顕在する石ノ森作品のファンタジー溢れる世界に興味津々の様子。 続いて「サン・ファン館」へ。 ここでは前回も登場した武将隊の「あの方」に迎えられた。 復元船「サン・ファン・バウティスタ号」と眼前に広がる太平洋を眺め、 大航海を果たした慶長使節一行や、 命を出した伊達政宗公の大志に思いを馳せた。

そして今回の旅の最後は、 「宮城・仙台 旅しおり」の「宮城」という県名の由来の一つと言われている「多賀城」を訪れる。「東北歴史博物館」で律令制時代の政庁復元模型を閲覧し、 博物館を出てすぐの多賀城跡(政庁跡)で石段を上ると、 まるでそこにF正殿があるかのように当時の情景を思い描く。 多賀城の「国府」たるルーツを辿る旅となった。

本シリーズは今年も新作動画を順次公開していく。 特設Webサイトではダイジェスト版ムービーが公開中なので、本編に先がけて今回の旅の模様をチェックしてみていただきたい。


 (C)乃木坂46LLC


この記事の画像一覧 (全 6件)