マジパン 東名阪ツアー開催決定、1000人キャパの会場にリベンジ宣言

アイドル 公開日:2019/07/15 26
この記事を
クリップ

6人組アイドルグループ“マジカル・パンチライン”(マジパン)が14日、東京・渋谷ストリームホールでワンマンライブ「MAGiCAL PUNCHLiNE LIVE SUMMER 2019〜Magi☆Magi☆Rendezvous〜」を開催した。

今年2月に行われたグループ結成3周年を記念したワンマンライブで、新メンバーの吉澤悠華吉田優良里の加入をサプライズ発表したマジパン。その後、レッスンやステージでのパフォーマンスを重ね、今月5日に大阪で6人体制として初のワンマンライブを開催。今回のライブは大阪に引き続き、東京では初となる6人体制でのワンマンライブとなった。


この日のワンマンライブもチケットも完売し、追加公演が行われるほどの盛況ぶりを見せた。会場いっぱいに詰めかけたマジファンの熱気が高まる中、ステージに登場したメンバーは、挨拶代わりにとソロダンスをお見舞いし、小山リーナの「東京ワンマンライブ、ぶちかまして行くぞー!」の叫びで幕開け。1曲目の『マジカル・ジャーニー・ツアー』では早くも6人の調和の取れたパフォーマンスを披露し、続く『私が私を燃やす理由』『万理一空 Rising Fire!』でクールな一面を見せたかと思えば、一転、『謎から謎めくMystery』でアイドルらしい元気な姿と満面の笑みを見せるなど、メリハリの効いたセットリストでファンを熱狂させた。

連続で5曲を披露した後、少しのトークと自己紹介を済ませると、早くも次の歌唱ブロックに突入し、途中で衣装替えを挟んで一気に9曲目まで披露。その後のMCで沖口優奈は「みんな、メルティー(Melty Kissの)衣装どうですか?」と投げかけ、マジファンから「かわいい」と声が飛ぶと、沖口は「嬉しいねえ。もともとこの衣装はマジパン4人時代に出したシングル『Melty Kiss』の衣装なので、6人分なかったんですけど、このワンマンライブに向けて6体、この衣装を作っていただいて、いまメルティー衣装を着ることができていまーす」とニッコリ。初めてこの衣装に袖を通した吉田は「ずっと着たいなと思っていたんですけど、今日はたぶん着られないなと思っていたんですけど、なんと着られて嬉しいです!」と声を弾ませ、この衣装が好きだという吉澤「変わった感じの素材?このビニールにイチゴみたいなのがプリントされていて、めちゃめちゃかわいい」と目を細めた。

さらに沖口は、先日の大阪ワンマンで発表した新体制での第2弾シングル発売(10月9日)に触れ「CDを出せるなんて、当たり前じゃないこの世の中で、ニューシングルをリリースできることが嬉しいです」と吐露し、この日のライブで同ニューシングルの中から『Alright』を初披露することを発表すると、マジファンのテンションが一気に上がり、サイリウムを濃いピンクにするようお願いして同曲を披露。会場一面がピンク色に染まる中、ソロパートも多めの同曲をしっかりと歌い聞かせてマジファンを魅了。続けて、会場一面がピンク色のまま『ハルイロ』をしっとりと歌い聞かせたかと思えば、一転、タオルを振り回す『ぱーりーないと!!』でステージ狭しと騒ぎ回るなど、さまざまな一面を見せた。

また、今回、初めてワンマンライブでフル参加した吉澤と吉田。ライブ後半のMCでは、沖口から「想いを届けてほしい」と指名された吉澤は、マジファンへの感謝を述べた後「私と優良里ちゃんが加入した、そして今回のワンマンライブの開催を発表した2月24日から約4ヶ月が経ちました。この4ヶ月間、たくさんたくさん頑張って、今日とこの前の大阪のために練習してきました」と努力したことを明かし、「2月24日のころ私と優良里ちゃんは『Melty Kiss』の1曲しか披露できなかったんですが、今回はたくさんの曲を6人で披露することができて、本当に嬉しいです。このワンマンライブを開催できたのは、皆さんのおかげでもあり、メンバーの皆さん、そしてスタッフのみなさんのおかげです。本当にありがとうございます」と感謝。「これからも6人体制となって、新しくなったマジカル・パンチラインは、目標でもあるZeppでのワンマンライブに向けて、日々頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。これからもマジパンについてきてください!」と力強く語った。

さらに、アンコール後のMCでは、10月9日に新シングル発売、7月16日正午にオフィシャルファンクラブサイト“マジファンクラブ”が開設され、9月1日にファンクラブ限定イベントが開催されることなどのお知らせをする中、運営が封筒を沖口に手渡す一幕もあり、その手紙を読んだ沖口は「ここで皆さんにサプライズ発表です。(大阪ワンマンで発表したハロウィンライブが)大阪に続き、東京、そして初の名古屋での開催が決定!」と読み上げ、10月13日に愛知・名古屋ライブホールM.I.D、14日に大阪・梅田Shangri-la、20日に神奈川・横浜Bay Hallの3会場でハロウィンツアーを行うことを発表して大きな拍手を浴びた。これに清水ひまわりは「えっ?これっていわゆる東名阪?」と気付くと、メンバーは感無量な様子を浮かべたが、東京会場が横浜であることにも気付いた清水は「じゃあ、横名阪?」とコメントして会場の笑いを誘っていた。

また、横浜Bay Hallが1000人キャパであることを知らされると、沖口は「めっちゃ大きいよ」と目を丸くし、「私たちがさ、よみうりランドでさ…」と今年3月に行った『マジカル・パンチライン大感謝祭~ともだち1000人出来るかな?無銭ライブ~』のことに触れ、「そのときにうちら、1000人のキャパを埋めることできなかったから、次は絶対に埋めよう!」と力を込めると、小山は「埋めまーす!」と軽々と宣言。

加えて沖口は「よみうりランドもすごく楽しかったけど、悔しい思いがあったから、今回こそはリベンジとして、1000人キャパの横浜Bay Hallを絶対に埋められるようなアイドルグループになりたいなと思っています。ここにいるみんな、付いてきてね!よろしくお願いします」と頭を下げ、「マジパンはまだまだここで止まってちゃいけないと思います。新たな目標ができましたので、これからもマジパンは止まることなく、全力で進み続けていきたいなと思っています」と熱く語った。


<セットリスト>

M01:マジカル・ジャーニー・ツアー

M02:私が私を燃やす理由

M03:万理一空 Rising Fire!

M04:謎から謎めくMystery

M05:マジ☆マジ☆ランデブー

M06:Never Ending Punchline

M07:108煩悩BOMB

M08:Melty Kiss

M09:マジック☆ガール

M10:Alright 

M11:ハルイロ

M12:ぱーりーないと!!

M13:今日がまだ蒼くても

M14:小悪魔Lesson1・2・3♪

M15:ONE

この記事の画像一覧 (全 17件)