乃木坂46キャプテン桜井玲香、卒業を決断「みんなの自慢になれる様に頑張らなきゃな」

アイドル 公開日:2019/07/09 17
この記事を
クリップ

乃木坂46結成以来7年にわたり、キャプテンを務めた桜井玲香が、昨日21時更新の公式ブログで卒業を発表。ファンに衝撃が走った。




桜井は真夏の全国ツアーのスタートを報告。メンバーとの仲睦まじい集合写真を公開した。「そんな中、今日は皆さんにご報告。この度9/1をもって乃木坂46を卒業する事が決まりました」と切り出し、「ここ数年、卒業していくメンバーが増え色々なフィールドで奮闘する姿を見て、自分もそろそろ乃木坂46のその先に続く新たな道標をつくる立場にまわるべきだと思うようになりました」と、卒業の理由を語った。

「グループが益々大きくなって、これからもっと素晴らしい景色をみていくんだろうなぁ。と思うと、私も一緒に...。と少し寂しく思ったりもしますが。グループの更なる成長のためにも、未来の新たな仲間のためにも、何より私自身のためにも。早く一人前になって、この人、乃木坂46の初代キャプテンだったんだよ!とみんなの自慢になれる様に頑張らなきゃな!!」と桜井らしい優しさと自己への厳しさを綴った。

「自分を成長させてくれた、真夏の全国ツアー。汗も涙も笑顔もたぶん一番多く溢れた、明治神宮野球場でラストを締めれる事が本当に嬉しいです。卒業までの残り時間があまり多くないのですが。最後まで「乃木坂46」「キャプテン」と向き合っていきたいと思います。みんな、ラストのラストまでアイドル桜井をどうぞよろしくお願いします!!」と、9月1日の神宮球場での真夏の全国ツアー最終日を以って卒業することも明らかにした。

端正な顔立ちで隙がなさそうに見えるが意外に天然であることをイジられ、“ぽんこつ”などとからかわれたが、“AKB48公式ライバル”の触れ込みで結成された先の見えない時期から7年間、どんな時もグループのことを考え、守り続けた女神のキャプテン退任でもある今回の卒業。桜井が未来の乃木坂46を牽引する新キャプテンを誰に託すのかにも注目が集まる。