SKE48 × JKT48が、共同プロジェクトを発表

アイドル 公開日:2019/07/08 13
この記事を
クリップ

SKE48”は、“JKT48”とのグループ間の共同プロジェクトを行うことを発表した。

SKE48 は、2008 年に AKB48 グループ初の姉妹グループとして、名古屋栄に誕生し たアイドルグループ。今年の 3 月よりゼストの親会社である株式会社 KeyHolderの傘下に移り、25 枚目のシングル発表に加え、一時中断していた 47 都道府県全国ツアーの再開を宣言するなど、新生 SKE48 として活躍している。 




一方、JKT48 は、2011 年に初の海外の姉妹グループとして、インドネシアのジャカル タに誕生したアイドルグループ。現地の文化や慣習に根ざした独自の活動形態を有しており、これまでに 20 枚のシングル発売、インドネシア地方ツアーの展開など、インドネシアを代表する国民的なアイドルとして活躍している。 

そのような中、新生 SKE48JKT48 は、グループ間の相互の出張公演など、各種コ ラボ展開を企図した共同プロジェクトとして、株式会社 AKS とも協業を図りながら、共に これまでの枠を超えた活躍の場を作り出すことに挑戦していく。 

そして、本件プロジェクトを始動するにあたり、これまで SKE48 劇場の顔として活躍してきた湯浅洋前支配人がJKT48 のスペシャルアドバイザーに就任し、現地でのノウハ ウ提供のほか、グループ間の調整などの業務に従事することも決定した。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ