SKE48、現キャプテン斉藤真木子の新支配人就任を発表

アイドル 公開日:2019/07/08 13
この記事を
クリップ

アイドルグループ“SKE48”を運営する株式会社ゼスト)が5日、愛知県名古屋市にて記念祝賀会を開催し、新会社名ロゴ(7月1日より株式会社SKEから商号変更)をはじめ、総合エンターテインメント企業としての今後の様々な取り組みについて発表した。




記念祝賀会冒頭、代表取締役社長の赤塚善洋が社名になったゼストの意味が「熱い想い」「情熱」であることを説明。新しい会社名のもと、様々な取り組みを行っていくことを表明し、社員・所属タレント全員で飛翔していくというイメージの社名ロゴを発表。ゼストを代表するグループSKE48によるパフォーマンスを披露、大村秀章愛知県知事 からの祝辞があった。

今後の展開の一環として、現劇場支配人 湯浅洋氏の、JKT48スペシャルアドバイザー就任に伴い、現SKE48キャプテン斉藤真木子が支配人に就任することが発表された。


【新支配人就任のSKE48斉藤真木子コメント】

SKE48は昨年10周年を迎え、今年は私個人としても10周年、キャプテンとして3年目となります。グループとしても個人としても様々な形でたくさんの愛情を注いていただいたからこそ、今があることを痛感しています。この先どんどん10年、20年と続いていくSKE48で、新しい発見や喜びはもちろんのこと、10年経った今も変わらないものを大事に、私にできることを少しづつですが、SKE48のためにしていけたらいいなと思っています。SKE48という看板を背負っている限り、1メンバーとしてまずは自分自身の最善を尽くせるように、たくさんの後輩たちにカッコイイ背中を見せられるように、より一層気を引き締めて頑張っていきたいなと思います。まだまだ未熟者ではございますが、皆様のお力添えのもと、これからもSKE48のメンバーとして、キャプテンとして、支配人として、このグループのさらなる飛躍のために頑張っていけるように一歩一歩歩んでいきたいと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。


【今後の展開について】

SKE48 新支配人 「斉藤真木子」就任

・現劇場支配人 湯浅洋 JKT48スペシャルアドバイザー就任に伴い、現SKE48キャプテン斉藤真木子が支配人に就任

・10期生オーディション開催

・7月24日発売の25thシングル『FRUSTRATION』初回盤に10期生オーディション最終審査の投票券を封入。ファン参加型でメンバーを選定する施策を実施

・7月25日から募集開始。10歳~上限なし。国籍不問

・10期生 26thシングル カップリング楽曲歌唱決定

・歌唱力を重視した重視した、新しい女性ユニットの結成 に向けたオーディションが進行中

・ゼスト エンタテインメント スクール 開設プログラムを発表

所在地:愛知県名古屋市中区錦3-15-15 CTV錦ビル

開校日:2019年10月1日(火)

*プログラム:ヴォーカル / ダンス / 声優 / 演技 / プロフェッショナル

*マネジメント事業において「アスリート部門」、「アーティスト部門」を新設

「アーティスト部門」には、ガールズロックバンド 「BRIDEAR」(ブライディア)が新所属


この記事の画像一覧 (全 3件)