AKB48単独初の東京ドーム公演、テーマは”学校”

アイドル 公開日:2014/08/19 3
この記事を
クリップ
}/

AKB48にとって単独では初となる東京ドームコンサートは、“学校”がテーマ。


教室や体育館、ロッカーなどをモチーフにしたステージセットが組まれた。「行ってきまーす!」の挨拶とともにメンバーが自転車で会場内を走り、通学するかのようにステージに登場して幕開けとなった。



その後もコンサートを通じて、(ダンサーが扮した)先生による「起立、礼、着席」、机・椅子や教科書を使ったダンス、学級委員選挙、曲の合間に流れるチャイム音などが演出に散りばめられ、生徒となったメンバーたちがパフォーマンスを繰り広げた。

前半から中盤を盛り上げたのは、5対5のダンスバトルで魅せた『50%』、兼任メンバーによる『ガラスのI LOVE YOU』、“まゆゆきりん”ふたりの『青空のそばにいて』などの多彩なユニット曲。

他の誰よりもフリフリのアイドル衣装で「倒れるくらい踊っちゃうゾ!」と、“まりり”こと大人AKB48の塚本まり子が『上からマリコ』を披露すれば、年齢的にはその娘でもおかしくないチーム8メンバーが、夏休みを利用して行った合宿の成果として、地元の名産を映像で紹介しながら『47の素敵な街』を元気いっぱいに披露した。

MCコーナーでは、柏木由紀と西野未姫による新旧リアクション対決、乃木坂46からの交換留学生・生駒里奈への10の質問などが行われ会場を盛り上げた。

いつもと異なる趣向で注目を集めたのは、スイング・ジャズメドレー。よりリズミカル&ダンサブルにアレンジされた『ポニーテールとシュシュ』『恋するフォーチュンクッキー』『GIVE ME FIVE!』などの楽曲に合わせ、ハットや傘を使った軽快なダンスやフライングパフォーマンスにメンバーが挑戦した。

本編最後の曲となる『アリガトウ』では入山杏奈がステージに登場し、“あんにん”コールが巻き起こる中、「今日は最後の1曲だけですけど、みんなと東京ドームのステージに立ててすごく嬉しいです」と挨拶。1曲のみの出演となったが、充実の笑顔でファンの皆様の声援に応えた。最後は高橋みなみ総監督が「ありがとうございましたー!明日のグループコンサートもよろしくお願いします!」と締めくくり、初日公演を終えた。

2日目は、グループコンサートとして開催される。(C)AKS







【AKBグループその他の記事はクリック】
AKB48楽曲ラインナップは【クリック】
公式Twitter出来ました!アイドルのライブ情報、インタビューは完全オリジナル!
→@dwangojpnews


この記事の画像一覧