ラストアイドル新曲決定、史上最高難度のダンスパフォーマンスに挑戦

アイドル 公開日:2019/06/10 9
この記事を
クリップ

先月「ミュージックステーション」にも初出演を果たしたばかりのラストアイドル7枚目となるニューシングルが8月28日(水)に発売されることが決定した。




前作6thシングル『大人サバイバー』は番組企画である「歩く芸術」=団体行動要素と連動したシングルだったが、今作7thシングルは6月よりスタートした新企画「史上最高難度のダンスパフォーマンス」を新曲の振付に取り入れたシングルとなる。振付を担当するのは、“バブリーダンス”で一躍、注目を浴びた大阪府立登美丘高校ダンス部のコーチ、akane。

akaneのダンスは、細かいタイミングで複雑な動きを次々と繰り出すのが特徴で、圧倒的なスピード感とキレが要求されるため、メンバーは3カ月間かけて難度の高いダンスをマスターしなければならない。ダンスのできるメンバーが新曲のパフォーマンスの中心になっていくことが予想される中、果たしてどんな展開になっていくのか、彼女たちに立ちはだかる新たな挑戦にこれからも目を離さないで見ていてほしい。


▼akane本人コメント(以下原文ママ)
「今回はラストアイドルさんの作品に参加でき光栄です。今の彼女たちの良さを引き出せるような振り付けを作りました。私自身、大人数の振り付けをすることは常にしているのでその経験が活かせたらと思います。これを機にダンスをさらに上達させてもらい、新しい“ラストアイドル”を見せる力になりたいです。」

同シングルはWEB盤を含む、全9形態。初回限定盤にはDVD特典として、6月9日にマイナビBLITZ赤坂にて開催されたプレミアムライブの映像が収録される。さらにそのリハーサルや本番の裏側に密着したオフショットムービーも収録されており、メンバーの普段の表情など今までは見られなかった貴重な映像となっている。なお、今作はラストアイドルを構成する全7ユニット(LaLuce、Good Tears、シュークリームロケッツ、Someday Somewhere、Love Cocchi、2期生、2期生アンダー)の楽曲がそれぞれ収録されるユニット盤も。タイトルや収録曲、封入特典などその他の情報は追って発表されるので続報を楽しみに待っていてほしい。