欅坂46平手友梨奈『響-HIBIKI-』で新人女優賞「感謝の気持ちを伝えたい」

アイドル 公開日:2019/05/30 20
この記事を
クリップ

欅坂46平手友梨奈が30日、都内で行われた第28回日本映画批評家大賞の授賞式に出席。初主演映画『響-HIBIKI-』の演技によって、新人女優賞を受賞した。




「恐るべき新人」「ゆるぎない説得力を持って演じている」「飛びぬけた個性」などと評されての受賞となった平手友梨奈。第31回日刊スポーツ映画大賞新人賞、第42回日本アカデミー賞 新人俳優賞に続く、同作での新人賞受賞。

名前を呼ばれてステージに登壇した平手友梨奈は、表情一つ変えずにクールにトロフィーを受け取って「撮影から1年が経ちましたが、改めて関係者の皆さんに感謝の気持ちを伝えたいなと思いました。この度はありがとうございました」と最後までブレることなく短いスピーチのみを残して降壇した。

一方、主演映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で、同じく新人女優賞を受賞した女優の南沙良は「作品に関わった皆さま、作品を観てくれた皆さま全員の支えがなければ立っていられない場所だと強く実感しています。これを機に本作を一人でも多くの皆さんにお届けしたい」としみじみ。

慣れない晴れ舞台での緊張からか途中「イヒヒヒ」と照れ笑いも「私、映画が大好きで、本当に大好きで、まだ微力ですが、映画の素晴らしさを一人でも多くの皆さんに伝えていきたいです。そして精進していきたいです」と飛躍を誓っていた。

この記事の画像一覧 (全 5件)