わーすた 北米ライブに1000人が熱狂、世界を目指すスタンスは本気

アイドル 公開日:2019/05/28 6
この記事を
クリップ

世界標準KAWAIIをコンセプトに活動しているアイドルグループ「わーすた」が、カナダ・トロンで5月24日~26日に開催した北米最大規模のアニメ、ジャパンカルチャー見本市「Anime North 2019」にゲストアーティストとして出演し、わーすたとしては自身初の北米でのステージに立った。

23回目となる伝統的イベントで、これまでロック歌手が主なゲストだったこのイベントにわーすたは日本のアイドルとして、初めてのゲスト出演だった。

わーすたは2015年に結成したJAPAN KAWAII カルチャーを発信する世界各国での活動を主体としていくことを目指して結成された5人組アイドルグループ。平均年齢は19歳。メンバーはそれぞれ外国語も勉強しており、リーダーの廣川奈々聖、小玉梨々華、三品瑠香の3人は英語。松田美里は中国語、坂元葉月はスペイン語を勉強中。海外でのステージ、取材には外国語で対応するなど世界を目指すスタンスは本気だ。

アニメ、ジャパンカルチャーファンが集うAnime North には日本の代表的なアニメやゲームのキャラクターのコスプレをしたファンが集結。アメリカ・アルゼンチン・メキシコ・ブラジルなど、幅広い国から来場している。和太鼓のステージや、日本アニメ作品の関係者が登壇するカンファレンスステージ、アーティストライブステージ、キャラクター商品が並ぶ店舗などが多数展開され北米大陸はカナダはもちろんアメリカからも多数来場し賑わいを見せる。

わーすたは大きな会場の外周に並ぶファンにポストカードを配り積極的に英語で話しかけコミュニケーションをとった。PRの成果もあって25日のメインステージ1時間のワンマンライブにはわーすたを目的に、約1000人が集まり全14曲のパフォーマンスに熱狂した。

初上陸となる、北米大陸となったが代表曲の『いぬねこ。青春真っ盛り』や『うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ』『最上級ぱらどっくす』では日本語での掛け声“コール”がバッチリそろっているなどSNSでの発信や動画配信サイトで掲載しているライブ映像などが楽曲が海を越えて届いていた。




結成の2015年から今回の海外出演で10か国目、13回目のステージとなったが次は8月にモンゴルで開催のイベントに出演する予定というわーすた。今後も未開の地へ、ジャパンKAWAIIを届けるために海外での活動ペースはもっと加速していく。


■メンバーコメント
<リーダー廣川奈々聖>
このイベントのゲストは今までもロックシンガーが中心でアイドル・J-POPアーティストは初めてということでしたので、カナダの人はあまり親しみのないと聞いたのですがそんなアイドル・J-POPの文化を全身で楽しんでくれているのが伝わってきて、私達も全力でわーすたのライブを届けることができました!


<坂元葉月>
初めてカナダに行くことができて凄く嬉しかったです。北米に昔から好きでいてくれたファンの方がいることに驚きました。またカナダに行けるように日本の活動も頑張りたい。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)