乃木坂46アンダーライブに15000人が熱狂、寺田蘭世「プチョヘンザ!」で煽る

アイドル 公開日:2019/05/24 63
この記事を
クリップ

乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念ライブが、24日(金)から26日(日)までの3日間横浜アリーナで開催される。

初日はアンダーメンバーのライブが行わた。アンダーライブ単独公演としては過去最大規模のライブとなったが、15,000人のチケットは即日完売となった。




今回のアンダーメンバーは、斉藤優里伊藤純奈伊藤かりん佐々木琴子寺田蘭世中田花奈和田まあや樋口日奈山崎怜奈中村麗乃向井葉月吉田綾乃クリスティーの12名。

樋口日奈和田まあや中田花奈の影ナレですでに大熱狂の会場。『overture』のあと、『Sing Out!』に収録されている新曲『滑走路』からスタート。『その女』『ブランコ』、樋口の「今日は最高の1日にしましょー!!」のあおりにすぐさま反応する15,000人。『シークレットグラフィティー』『春のメロディー』と披露したあと、最初のMCでアンダーライブラストステージとなる斉藤と伊藤かりんが呼びこまれる。

「前半の5曲を裏で聞いていて、出られないけど踊り収めしたよ。泣きそうだった」と早くも感極まっている2人。そんな2人を巻き込んで『自惚れビーチ』では、外周にメンバーが駆け出し、ファンと至近距離で触れ合い、会場は大興奮。『13日の金曜日』では、斉藤が今までの思い出が急に去来したのか泣き出す一幕も。

続けてユニットブロックとなり、生駒里奈の最後のセンター曲『Against』を和田、中村、山崎が特訓の成果を見せると、かりん&純奈の“伊藤コンビ”の『釣り堀』では、2人とも感動の涙で熱唱。MCでは純奈が「ハモりとか、最後に支えてあげようと思ったけど…」と声を詰まらせた。中田、吉田、寺田で『心のモノローグ』、斉藤、佐々木、樋口、向井で「真夏さんリスペクト軍団」の楽曲『2度目のキスから』をキュートに歌い上げた。

中盤は『アンダー』『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』『ここにいる理由』『嫉妬の権利』『日常』『狼に口笛を』と徐々にアップナンバーを畳みかけ、会場の熱気をさらに上げていくメンバー。さらにトロッコに樋口、中田、中村、寺田が乗り、アリーナの階上席のファンにも笑顔で応え、『転がった鐘を鳴らせ!』『ハウス!』『扇風機』『ダンケシェーン』と立て続けに披露し、熱気はMAXへと達した。寺田は「アンダー曲にはいいものが多いなあと自分自身でも心が動きます。楽しいだけじゃないことも思いだすけど、今までの活動は無駄じゃなかったと思います。私にとって宝物であり、誇りです」としっかり前を向いてファンに贈ったメッセージには説得力にあふれていた。

『涙がまだ悲しみだった頃』『誰よりそばにいたい』を披露し本編は終了。止まない「乃木坂46!」のコールに「アンコールありがとう!」とステージにふたたび姿を見せた12人は、『生まれたままで』『ロマンスのスタート』『左胸の勇気』を連続でお見舞い。今度は斉藤とかりん、山崎、和田がトロッコに乗りファンの声援に笑顔で応えると、中央のステージに戻り斉藤が口を開く。「アンダーライブいいな♡と思ったのは、さっきのアンコール1曲目の蘭世のあおりですよ。“プチョヘンザ!”ですよ!初めて聞きましたよ(笑)」とツッコむと寺田は「これが本当の私」と笑顔を見せ、会場は笑いに包まれた。斉藤は「自由な感じのアンダーライブが大好きですし、メンバーも大好きだし、スタッフさんも大好きだし、衣装さんも、メイクさんも大好きだし」と言いながらだんだん泣き声になっていったが、それだけ乃木坂46のことを愛した気持ちはファンにはまっすぐ伝わっていた。

かりんはアンコール4曲目を自ら選曲。「この曲は乃木坂に入る前から大好きだったメンバーのセンター曲です。これを絶対最後に歌いたいと決めていました」と話し『泣いたっていいじゃないか』とコールされると、会場から大きなどよめきが起きた。熱唱の後、かりんは「言い残したことがないようにお手紙を書きました」と、両親、スタッフ、メンバー、そしてファンへ向け丁寧なかりんらしい手紙を時折声を詰まらせながら読むと、メンバーもたまらず涙を流し、中田は嗚咽するほど泣きじゃくっていた。そんな苦楽を共にしてきた仲間と一緒に『乃木坂の詩』を高らかに歌い上げ、一度は退場したが、ふたたび沸き起こるWアンコールに応えたメンバー、その顔にはもう涙はない。満面の笑顔を振りまきながら『僕だけの光』を会場を回りながら熱唱、最後はマイクなしでファンに「ありがとうございました!!」とメッセージを贈り、発売記念ライブ初日、アンダーライブの幕は閉じた。

かりんにとっては最後のステージ、たまらず涙も見せたが、最後はかりんらしい屈託のない笑顔でファンに別れを告げた。なお、斉藤は26日の選抜ライブにも登場の予定だ。


この記事の画像一覧 (全 9件)