乃木坂46 撮影中に感極まるメンバーが続出、最新MV公開

アイドル 公開日:2019/05/03 11
この記事を
クリップ

2019年5月29日(水)に発売する乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』のMusic Videoが遂に公開となった。





4月上旬、山梨県内のスタジオにて撮影された『Sing Out!』のMusic Videoは、タイトル通り“みんなで歌う喜び”“クラップをして曲を楽しむ”事がコンセプト。映像監督に池田一真氏、そしてダンスの振付にSeishiro氏を迎え、昨年の日本レコード大賞受賞曲『シンクロニシティ』同様のいわば“黄金コンビ”が手掛けた作品。

この撮影の為に、3日間のダンスレッスンをみっちり行い、その中でもセンターとしてソロカットが多い齋藤飛鳥は、Music Videoでは異例となる10日前からレッスンがスタート。何通りものダンスを身につけた上で撮影に臨んだ。それぞれソロやグループでのダンスシーンでは、この撮影自体の流れを重視する意味で1カット撮影を敢行。間違いが許されない緊張感漂う中で、撮影は進行されたそうだ。

また歌詞にある「仲間の声が聴こえるか?」が、数々のメンバーの心に刺さり、撮影中に歌いながら感極まるメンバーが続出していたというエピソードも。

「決して人間は1人ではなく、必ずどこかに仲間がいる。」新生活が始まって約1ヶ月が経ち、そして平成から令和へと時代が変わった中、この『Sing Out!』のように、みんなが笑顔にそして幸せになれるように、思いが込められたMusic Videoは必見だ。


この記事の画像一覧 (全 10件)