グラビアでも注目 “平成最後のロリ巨乳“「きゅい~ん’ズ」西葉瑞希がバースデイライブ

アイドル 公開日:2019/04/28 17
この記事を
クリップ

“BET出来るアイドル“きゅい~ん’ズが主催する「きゅい~ん’ズ」のリーダー西葉瑞希の20歳の生誕祭が開催された。

アイドル活動の他、女優業や、ヤングジャンプ「サキドルエース2018」準グランプリを獲得し、度々「平成最後のロリ巨乳」としてグラビアでも話題となった西葉瑞希(きゅい~ん’ズ)が、平成最後の大晦日のこの4月に20歳の誕生日を迎える(4月27日生まれ)

20歳を記念して行われた生誕祭は17歳の時より憧れた新宿ReNYでの主催。西葉との関わり、縁の深いグループを集めたこの生誕は、対バン良し!コラボ有り!ソロ有り!のファン得イベントとなった。




1組目はLili of the Valley。結成半年、結成当時の平均年齢13.8歳にして今年度の<TIF>の出演が決定した今話題のアイドルグループ。結成発表前から西葉と度々仲良くしていた事もあり、以前より両者共に「一度コラボしたいね!」という夢を叶えたステージになっている。コラボ曲は『エールの言葉』。Lili of the Valleyでも定番曲で元気且つお客様と一帯になって盛り上がれる曲だ。コラボはLili of the Valleyの曲をそのまま西葉が完コピして20歳の誕生日を迎えるとは思えない程に違和感のないリリバリっぷりを見せた。

2組目はJewel☆Ciel。<@JAM>総合プロデューサーでもありさまざまなグループのプロデュースを手がける橋元恵一がArcJewelとタッグを組んだアイドルグループ。西葉とは元愛乙女☆DOLLの安藤笑と地元豊田市のSTAR☆Tで一緒だった事もあり、取材をキッカケに今回初の一緒のステージを迎えた。お互いを“えみちぃ“、“さいばちぃ“と呼び公私ともに仲が良い。今回ライブ終了後にその仲の良さを垣間見ることができた。

3組目はアイドル謀報機関LEVEL7先日3月26日に「動員600人目標。達成しないと解散!」という目標を掲げ、見事達成を果たし、マイナビBLITZ赤坂ワンマンを成功させた話題のグループだ。

4組目はもう1組コラボをした143∽。愛こそ全て「LOVE IS LIVE」を掲げるエモーショナルロックアイドル。西葉とは以前スクールが一緒だったメンバーがいる事もあり、今回コラボに至った。コラボ曲は『DANCE↑DANCE』そのタイトル通り、激しいダンスとフォーメーション!そして、キレっキレのダンスを披露。

5組目は全力少女R。その名の通り全力でステージを使い、パワフルで目紛しく変わる構成。そして何よりも会場全体を熱くするパフォーマンスが必見の全力少女達。オーディエンスのテンションをグイグイ高めていた。西葉が憧れるパフォーマンスのアイドルの1組だ。

6組目はエラバレシ。育成型エンターテインメントカフェ「AKIHABARAバックステージpass」から初の固定メンバーユニットとして出来たユニット。大食いタレントとしての顔も持つもえのあずきや今回西葉とは舞台「下賤の天」で一緒に出演した広沢麻衣が所属するグループ。その名の通りエラバレシメンバー7人が圧巻のパフォーマンスを魅せた。

そして本日の主役 西葉瑞希率いるきゅい~ん’ズがトリで登場。

会場全体が出演者含め、西葉のために集まった人々の想いが1つになった温かいステージで、アゲアゲの定番曲から西葉のソロ2曲を披露。1曲は大原櫻子の『瞳』をカバー。2曲はこの日の為に書き下ろした楽曲『ストーリー』を披露。なんとこの楽曲は西葉が初めての作詞に挑戦したという事もあり、西葉のファンへ精一杯の想いを届けようとする彼女の姿勢も伺わせてくれた。この曲のパフォーマンス中に、緑一色となったフロアは、まさにエメラルドの海のような美しさを見せていた。その曲はきゅい~ん’ズの公式Youtubeで観る事が出来る。

ソロコーナー終了後は、サプライズでメンバーと出演したアーティスト達がバースデイソングを歌いながら登壇。ケーキやお客様からの祝福コメントが書かれたアルバム、花束、メンバー手作りのフォトプレートなど西葉への愛が溢れたプレゼントが手渡されていた。

ラストソングは全員で手を大きく回す定番曲『メガホン』。他の出演者も2階やホールからペンライトを振るほど、会場全体が一体となって盛り上がった。

観客と出演アーティストたちの笑顔がとにかく印象的だった西葉瑞希の生誕祭。彼女が多くの人に愛されていることを改めて実感させてくれるメモリアルな1日となった。


<プロフィール>

きゅい~ん’ズ

「私だけに、賭•け•て!BETできるアイドル」をコンセプトに活動する5人組のアイドルグループ。

この記事の画像一覧 (全 9件)