乃木坂46齋藤飛鳥、23rdシングル語る「笑顔にグッと来てちょっと泣けてくる」

アイドル 公開日:2019/04/26 20
この記事を
クリップ

乃木坂46の2019年初となる23rdシングル『Sing Out!』が5月29日(水)発売されるが、それに先駆け、メディア向けの視聴会が、ソニー・ミュージックエンタテインメント本社で行われ、センターを務める齋藤飛鳥が登壇した。




新曲『Sing Out!』は、クラップが印象的なミディアムナンバー。ミュージックビデオでは、板張りのダンスレッスン場で展開。印象的なクラップをダンサーが打ち鳴らすと、乃木坂46のチームカラー紫と白のコントラストが鮮やかな衣装で、コンテンポラリーダンスをメンバー全員で繰り広げ、みごとなコンビネーションとフォーメーションで魅せる。スカートの裾を摘み、ひらりと回転すると、一迅の風と共に綺麗な輪が出来上がり、まるで花のようだ。最後にはメンバー全員でクラップを打ち鳴らし、あまりの華麗さとカッコ良さに瞳が潤んでしまう。今までストーリー仕立てが多かった彼女たちのMVの印象を覆す、全編ダンスと歌に終始したものとなっている。令和時代も驀進を続ける乃木坂46渾身のシングルナンバーだ。

齋藤は質疑応答に応じ、「今まで(の単独センター曲は)夏曲だったので楽しげな曲が多かったんですけど、今回は明るい曲ではあるけど、力強さを感じました。歌詞も世界観も含めて”力強いけど明るい”。聴いていて楽しくなる曲だなと思いました」と語り、「ファンと一緒に楽しめるという、今までにない雰囲気を持っているし、クラップもファンの方にも一緒にやっていただきたいと思って、MVでも印象的にクラップシーンを入れています」と楽曲の印象を語った。

センターとしての心持を聞かれた齋藤は「個人的に思ったのは、歌詞だけ見ると、”Happy”だとか”smile”という言葉が入っていて、その方の印象が強いので、気持ちを込めて歌ったとしてもその言葉が”うすっぺら”になったらイヤだなと思ったりして。2コーラス目に“もし泣いてる人が…理由なんか聞いたって意味がない…分かり合えるわけないだろう”ってあるんです。未来へ向かう力強い曲なのに、そんな”じめっ”とした部分もちゃんと隠さずに伝えた方が、明るい方(”Happy””smile”)との差がついてより伝わるのかなって思いながら歌っていました」と細かな心情を話してくれた。

MVについては「女性の強さ、爽やかさが出ればいいねと、監督さんやSeishiroさん(振付)と話していて、みんな笑顔でクラップしているんだけど、その笑顔にグッと来てちょっと泣けてくるみたいなのを意識して撮りました」と話し、「個人的このMVが好きで、それはなぜかって考えたときに、楽曲が幅広い層に受け入れていただけそうな歌詞だから、そちらに寄せても良かったのに、けっこうストイックな生々しい映像になっていて、そのギャップがすごく好きなので、ダンスも誤魔化したくなかったし、ちょっとした目線とか、手の角度とかも妥協せずに撮れたらいいなと思っていました」という。是非何度も観返して堪能してほしいところだ。また笑顔にもこだわったそうで「笑顔も、ただの笑顔ではなくて、何か意志を強く持った笑顔で、踊ってる中で自信が持ててるなと自然に出る笑顔を意識しました」と語った。

「“ひとりぼっちじゃない”とか“仲間の声が聴こえるか?”って歌詞があるのですが、撮影中はこの2つのフレーズで、(大園)桃子と私は泣きそうになりながら“グッとくるねー”って言いながら撮ってました。完成したMVを観て、“チームであることの良さ”というのが感じられて、みなさんにもそれが伝わるんじゃないかなと思います。ちょっとだけ泣きました(笑)」と撮影でのエピソードも飛び出した。

23rdシングル『Sing Out!』のオンエア解禁は、5月1日(水・祝)の「乃木坂46のオールナイトニッポン」となり、MVは、5月3日(金・祝)早朝からの各局情報ワイド番組から解禁。また同日正午からは乃木坂46オフィシャルYouTubeでフルサイズが公開となるので、ぜひ楽しみにお待ちいただきたい。

この記事の画像一覧 (全 6件)