NMB48「近畿十番勝負」チームM千秋楽、渋谷凪咲「目標は満員の京セラドーム」

アイドル 公開日:2019/04/22 16
この記事を
クリップ
}/

3月26日からNMB48の『近畿十番勝負 2019』と題したツアーがスタートした。今ツアーはチーム別に行われており、そのツアーも終盤に差し掛かり、22日にはチームMが大阪・オリックス劇場でコンサートを行った。

新キャプテンの渋谷凪咲を筆頭に、古賀成美・堀詩音・山尾梨奈・鵜野みずき・川上礼奈白間美瑠・安田桃寧・明石奈津子石塚朱莉井尻晏菜久代梨奈・水田詩織に加え、研究生の堀ノ内百香・出口結菜・安部若菜が出演した。




コンサートが始まる直前には好きなメンバーの名前を叫ぶファンも多くいて、すでにファンのボルテージは上がっているなか、いきなりステージに研究生16人が登場。前座として『夢は逃がさない』を歌い、まさかのサプライズに集まったファンを喜ばせてくれた。

前座を終えてコンサートがスタートとなり、その記念すべきオープニング曲は『天国野郎』。そして『場当たりGO!』『妄想ガールフレンド』『なんでやねん、アイドル』を一気に歌い上げ、新生チームMをアピールし、これまでと違った新しい姿を見せてくれた。

4曲を歌い終えたところでメンバーによるMCがスタートするのだが、これまでNMB48のコンサートで何度も行っているオリックス劇場での思い出いついてのトークが展開された。古賀成美は、「NMB48にとって歴史のある会場なので、なにが一番か選ぶのは難しいですけど、2013年にNMB48のリクエストアワーが初めて行われたんですよ。そのときに私が正規メンバーに昇格しました。これは本当にうれしいお知らせでした」と振り返った。久代梨奈は、「私は初めて参加したツアーが「みなさん、ちゃぷちゃぷしましょ」ツアーなんですよ。2012年のことなんですけど、ツアーの千秋楽で『渚のCHERRY』でセンターをやらせていただきました。まさかの黄色い衣装ですよ。今では考えられないことですね。あの中学生のころの私はどこにいってしまったのだろう」と明かした。

続いてステージには 新曲の『床の間正座娘』のMVにも登場している障子がセットになり、大奥を思わせるような演出を見せてくれた。そこで最新曲『床の間正座娘』を披露し、MV以上のインパクトを見せてくれた。

後半に入ると『ドリアン少年』『純情U-19』『オーマイガー』『北川謙二』という人気シングル曲を歌うのだが、メンバーは当時の衣装を着ての登場で、集まったファンを驚かせてくれた。懐かしさを楽しませてくれた後には『欲望者』『甘噛み姫』などダンサブルな曲、さらに『ナギイチ』『僕らのユリイカ』『高嶺の林檎』『ワロタピーポー』を一気に歌い上げ、あっという間に本編は終了してしまった。

会場が暗転すると客席からアンコールとして「チームM」コールが行われた。そのアンコールに応えてメンバーは登場するのだが、ステージではなくなんと客席からの登場だ。いい意味で予想を裏切るサプライズが発動された。アンコールでは『情熱ハイウェイ』『らしくない』『まさかシンガポール』の3曲を客席で歌い、最高も盛り上がりを見せてくれた。再びステージに戻ったメンバーは『誰かのために』、そしてNMB48のコンサートではおなじみの『青春のラップタイム』を歌いチームMのコンサートの幕が閉じた。

これで終わってしまう淋しさもあったのだろうか、どこからともなく客席から再びアンコールの声がかかった。メンバーはその気持ちに応えてくれて、再びステージに戻ってきて『NMB48』を歌い、最高の盛り上がりの中でコンサートの幕が閉じた。

コンサートを終えたチームMキャプテンの渋谷凪咲は、「このツアーで今日はチームMの千秋楽なんですよ。以前にチームMのツアーを観たファンの方からよかったとたくさん言ってもらえました。私たちもやっていてすごく楽しいし、チームMは本当にいいチームだと思いました。今はチームMがいい方向に向いています。でもこれからチームがずっと続いていくにつれて、成功ばかりでなく道を外れることもあるかもしれません。今日の会場には空席もあったりしていましたけど、この現実から目をそらしてはいけないし、今はしっかり現状を見ないといけないし、今を大切な思い出しなくてはいけないし、こうやって足を運んでくれるファンの方は本当に大切なので、みなさんのことをずっと楽しませたいし、これからも大切にしていきたいです。私たちは失敗することもありますけど、みなさんは家族でありチームだと思います。お互い成長できるように頑張りたいと思います。NMB48は京セラドームを目標に頑張っていくので、京セラドーム満員にしてここにいる全員と観たいと思います。チームMそしてNMB48そしてなにより渋谷凪咲の応援をよろしくお願いします」と自己アピールも忘れなかった。

取材・文/ブレーメン大島 

NMB48

この記事の画像一覧