小桃音まい、桃色革命卒業を発表「私をアイドルにしてくれたのはみんな」

アイドル 公開日:2019/04/20 8
この記事を
クリップ

2016年夏に結成された桃色革命から、リーダーの小桃音まいの卒業が発表された。

先日アイドル活動10周年を迎えた小桃音まいは、ソロ7年、ユニット3年という活動を経ていた。小桃音は「ユニットはソロと違って自分の気持ちだけではどうにもならないことも多くて、もどかしかったです。」と正直にユニットの難しさをコメントすると、「小桃音まいをアイドルにしてくれたのはファンの方々です。たくさんいるアイドルの中で小桃音まいと出会ってくれて、好きになってくれてありがとうの気持ちでいっぱいです。」とこれまでの感謝を語った。卒業は今年の夏を予定しており、卒業公演などの日程は追って発表されるという。残りわずかな時間だが、小桃音まいらしい楽しい活動を見せると意気込んでおり、卒業は残念だが、楽しみに待っていたい。




また、同じく桃色革命の初期メンバーであった児玉せりかが5月25日に、2期生であった相沢美玲が6月29日にそれぞれ卒業することも発表された。

児玉せりかは3年間、桃色革命のライブを一度も休むことなく出演し、”鉄人”と呼ばれていたが「決して”鉄人”なんかではなかった。遊びたいと思ったこともあったけど、アイドル活動を選んだことに後悔はしていない」とコメント。奈良から通いながら活動を続けていた相沢美玲は「恵まれた環境で活動させてもらって寂しい気持ちもありますが、新しい桃色革命を5・6期生に期待したいと思います」とコメントした。

桃色革命は、近日、新メンバーオーディションを開催する予定という。

小桃音まいコメント>

私、小桃音まいは、この夏、桃色革命を卒業します。応援してくれているみなさん驚かせてしまってすいません。ユニットに挑戦してみたい!という小桃音のわがままで2016年8月にスタートしたのが桃色革命です。お披露目ライブ、それからすぐの@JAM、雨が降った初野外ライブ、次の年のTIF、1周年のリキッドルームワンマンライブ、福岡、大阪、奈良、台湾、神戸、北海道、新潟、高崎、横浜、茨城、岡山、沖縄、、、ツアーや対バンでたくさん遠征もしました。全く声が出なくなって泣きながらライブしたこともありました。それから幕張での大運動会や、学力テスト、悔しかった去年の夏、2周年で発表されたメジャーデビュー、バズリズムさんの密着取材、嬉しかった西宮ガーデンズやカットアップスタジオでのリリイベ、ボーリングやBBQオフ会、、、簡単に思い返してもここに書ききれないくらい色んな出来事があったね。はじめは初期メンバー4人だったのが、今では10人もの大人数ユニットになりました。目が回りそうなくらいメンバーや形がぐるぐると変わるのについていくのは正直大変で、ユニットはソロと違って自分の気持ちだけではどうにもならないことも多くて、本当にもどかしかったです。でもソロの時とは違う、ユニットでしか味わえないたくさんの新しい経験も出来ました。楽屋でわいわいしているなんでもない時間や、辛い出来事を一緒に乗り越えた時、ユニットっていいなって思うこともたくさんありました!そして悔しい時も楽しい時も嬉しい時もどんなときでもずっとみんながいてくれました。応援してくれてる一人一人の方のおかげでここまで頑張ることができました。どんな状況も乗り越えることができました。本当にありがとうございます!小桃音まいをアイドルにしてくれたのはこの文を読んでくれているあなたです(*^^*)たくさんいるアイドルの中で小桃音まいと出会ってくれて、好きになってくれてありがとうの気持ちでいっぱいです。卒業までの間に、これまで出会った方できるだけ全員に直接感謝を伝えたいと思っています。最後まで大好きなライブで大好きなみんなと一緒に楽しい時間を過ごしたいです。お忙しいと思いますが時間がある時にはどうか会場まで会いに来てもらえると嬉しいです!そしてこれからの桃色革命は頼もしい5期6期生のみんなが引っ張っていって新しい形を作ってくれると思います!小桃音もメンバーではなくなりますが、これからも桃色革命を支えていけたらいいなと思います。応援よろしくお願いします!長くなりましたが最後まで読んで下さってありがとうございました!残り少ないアイドル人生ですが、最後まで小桃音まいらしくみなさんに楽しんでもらえるように全力でぶつかっていきたいと思います!ありがとうございました!


2019年4月19日 小桃音まい