乃木坂46 23rdシングル選抜メンバー最多22名、齋藤飛鳥がセンターに決定

アイドル 公開日:2019/04/15 33
この記事を
クリップ

乃木坂46の23rdシングルの選抜発表が、14日深夜放送の「乃木坂工事中」(テレビ東京)内で明らかになった。

今回は過去最大の22名が選抜された。3列目8名、2列目、1列目それぞれ7人ずつのフォーメーションで、1、2列目が十四福神となる。3列目左から井上小百合、佐藤楓、鈴木絢音、岩本蓮加、阪口珠美、渡辺みり愛、伊藤理々杏、新内眞衣。2列目左から梅澤美波、北野日奈子、秋元真夏、久保史緒里、松村沙友理、星野みなみ、桜井玲香。




1列目左から大園桃子、堀未央奈、生田絵梨花、右から与田祐希、高山一実、白石麻衣、そして23rdシングルセンターは、『ジコチューで行こう!』以来2作ぶり4度目となる齋藤飛鳥が務める。

齋藤は「ちゃんと自分の中でこれからこうしようって決めたことが1個あって、それを”なな”(西野七瀬)の卒コンから始めたんですよ。まだ言わないですけど…飛鳥がこういうことやってたんだなって、伝わる期間になればいいなと思っています」と意気込みを語った。

初選抜は渡辺と3期生阪口。特に渡辺は6枚目シングルに研究生として参加して以来、23枚目にして初の選抜入り。「アンダーにいた頃も、今いただいたこの位置でも頑張り方は変えたくないし、自分らしい努力で引っ張って行けたら」と抱負を語った。また北野は19thシングル以来の選抜で、初めて”福神”に選ばれた。「初めての2列目でどんな景色なのかワクワクします」と休業を乗り越えて、ネオきいちゃんの誕生を思わせる。

乃木坂46 23rdシングルは5月29日(水)に発売される。

写真:ⓒ乃木坂46LLC

この記事の画像一覧 (全 5件)