指原莉乃、HKT48卒業前最後のMVは「一番泣ける」

アイドル 公開日:2019/04/09 6
この記事を
クリップ
}/

4月10日(水)にリリースされるHKT48の12thシングル『意志』の通常盤TYPE-Aに収録された指原莉乃卒業ソング『いつだってそばにいる』のMVが、本日YouTube HKT48チャンネル等で公開された。

“最後の作品なので福岡で思い出の場所を巡りたい”という指原本人の希望から、今作では HKT48の地元・福岡
でのMV撮影を敢行。

様々な場所でメンバーが待ち構え、指原との残された時間を惜しむように過ごすメンバーたちの笑顔はもちろん、指原が初の1位に輝いた「AKB48 32ndシングル選抜総選挙」の映像や初センター曲・AKB48の『恋するフォーチュンクッキー』のMV、旧HKT48劇場での公演の模様などもフラッシュバックシーンとして登場。

中でもHKT48メンバーが集結し、ファーストカットから思わず涙が溢れてしまうメンバーたちの歌唱シーンも収められ、観るものの涙を誘う感動シーンの連続となっている。

撮影は朝の福岡空港からはじまり、博多祇園山笠で有名な櫛田神社や天神中央公園、アクロス福岡をめぐりHKT48として、初めて福岡で撮影された前作シングル『早送りカレンダー』のMVでも舞台となった百道浜も登場。さらには、約4,000人のエキストラを集めて撮影された『恋するフォーチュンクッキー』のMVロケ地となった、当時HKT48劇場があったホークスタウンモールの跡地や福岡ヤフオクドームも訪れている。




指原莉乃本人が「今までの作品の中で一番泣けるMV」という、彼女にとってAKB48グループ最後の撮影となった『いつだってそばにいる』MV。是非チェックして欲しい。


©AKS


【関連商品】


   

この記事の画像一覧