=LOVE、斬新さを追及した大分新土産を開発

アイドル 公開日:2019/03/31 13
この記事を
クリップ

JR大分シティは、大分のすばらしさを伝えていく活動、「だって、大分LOVE」プロジェクトの一環として、指原莉乃プロデュースのアイドル =LOVE (イコールラブ)を「だって、大分LOVE」のキャンペーンキャラクターに起用し、『だって、大分LOVE 「新」おみやげ開発Project』を進めてきた。 




『だって、大分LOVE「新」おみやげ開発Project』は、=LOVEがJRおおいたシティからの依頼で、大分県の 新しいお土産を企画・開発するプロジェクト。プロジェクトの模様は、YouTubeミニ番組で公開 され、第11話では、大分県の名産品を使用した「大分サイダー関あじ・関さば味風」を商品化することが 決定した。本商品は、2019年3月31日(日)に大分県内の店舗で販売を開始された。商品化を記念し 発売同日にアミュプラザおおいた4周年ステージイベント内でお披露目イベントを開催。イベント では、デビュー曲の『=LOVE』や、4月24日にリリースされる『探せ ダイヤモンドリリー』をはじめとした 全5曲をライブ形式で披露し、ファンをはじめ会場に集結した多くの方々と盛り上がった。 

昨年開催されたアミュプラザおおいた3周年ステージイベントにも参加していた=LOVEに、大分県の印象を 質問すると、野口衣織は、「大分県と言えば、かぼすというイメージです。前回大分県に来た時に、 かぼす味のシャーベットを食べました。甘酸っぱいのに少し苦味があって、本当に美味しく、癖になって しまいました!普段も大分県産のかぼすの香りがするシートマスクをずっと使っていて、それがないと眠れなくなってしまうくらいハマってしまい、かぼすが大好きになりました。」とコメント。 

MCから「ライブの為だけに大分に来た訳ではないですよね!?」との問いかけに、「なんと、私たちが大分県の新しいお土産を企画させていただきました!」と発表すると、会場からは大きな歓声が起こった。 お土産について、「私たちみんなで話し合い、お土産は“サイダー”に決めました。実際に友桝飲料さんと いう、サイダーを作っている会社さんにお願いをしたところ、私たちが考えた味のサイダーを作って いただくことになりました!」とコメント。 また、「温泉味やとり天味も候補にあり、両方ともサイダーを作って、温泉味だったら温泉を管理してくだ さっている方に、とり天味だったらとり天を出しているお店の方に飲んでいただき、プロからお墨付きをもらっていました。」と、商品化の候補としてあがっていた他の味について言及した。 その後、「私たち=LOVEとJRおおいたシティが協力して作った大分の新しいお土産は、“大分サイダー 関あじ・関さば味風”です!」と発表された。 

“大分サイダー関あじ・関さば味風”を開発するにあたってこだわりのポイントを聞くと、「私たちは斬新な ところを攻めていきたいと思ってサイダーの味を決めていきました。まだ誰も選んでいない味にしたいと 思ったときに、“関あじ・関さば味”が良いと思って、=メンバーで話し合ってこの味に決めました!」と、 =LOVEらしいコメント。 その後、齊藤なぎさの掛け声で=LOVEメンバーが「大分サイダー関あじ・関さば味風」で乾杯し、 その場でサイダーを試飲した。 「皆さんの本当に美味しいのかの疑いの目がすごい!」と、会場の視線を気にしながらも、「シュワシュワで美味しい!」「爽やかでスッキリした味がする!」 「醤油っぽい味がする!」など、サイダーの美味しさに関するメンバーのコメントがあった。 その後、サイダーを飲み干した=LOVEのメンバーは、ラベルのプリントの裏に=LOVEの写真が現れる仕掛けに、「すごい!でも瓶を傾けると少し不細工に見える・・(笑)」と、いじり合いながら盛り上がっていた。 飲んでみないと誰の写真現れるか分からない仕掛けに、「新たな楽しみ方が隠されているので、是非飲んで みてください!」と呼びかけた。 

イベント後は、髙松瞳佐竹のん乃齋藤樹愛羅の3名がJR大分駅の構内に登場。JR大分駅利用のお客様にサイダーの魅力を直接説明し、サイダーをプレゼントするなど、自ら“大分サイダー 関あじ・関さば味風”の宣伝活動を行った。

この記事の画像一覧 (全 5件)