さくら学院 2018年度卒業公演開催、3名がグループを卒業

アイドル 公開日:2019/03/31 22
この記事を
クリップ

さくら学院が、3 月 30 日に神奈川県民ホールにて、2018年度卒業公演『The Road to Graduation 2018 Final ~さくら学院 2018 年度 卒業~』を開催した。

さくら学院は、中等部卒業と同時にグループを卒業するという鉄の掟のもと、2010年の開校から転入と卒業を繰り返しながら、メンバー一人一人の成長とともにグループとしても大きく成長してきた“成長期限定ユニット”。この公演では、1 年間生徒会長を務めた新谷ゆづみと、トーク委員長の麻生真彩、はみだせ!委員長の日髙麻鈴の 3 名がグループを卒業した。




花曇りのこの日、彼女たちの卒業を見送ろうと駆けつけた 2200 人の父兄(ファン)が見守る中、2018年度の集大成といえる渾身のパフォーマンスと満開の笑顔で、この晴れやかなステージを飾った。始業のチャイムが鳴り終わると、担任の森先生が神妙な面持ちで出席をとり始める。そこへ、湿っぽい空気はなしなし!と言わんばかりに、『目指せ!スーパーレディー -2018年度-』のイントロをバックに 12 人のメンバーが元気よくステージに飛び出した。この曲は、メンバー一人一人のキャラクターを紹介する自己紹介ナンバー。2018年度バージョンが聴けるのも、今日が最後だと思うと感慨深い。続いて、メンバーに合わせてさくら色のフラッグが揺れる『Hello!IVY』は、初期から歌い継がれてきたポップチューンだ。自己紹介の後、中等部 2 年の有友緒心から「卒業の実感はありますか?」と聞かれた 3 人は、「まだ実感がない」と同じ感想を正直に口にする。拍子抜けするメンバーを尻目に、「さくら学院を愛するすべての父兄さん!完全燃焼する準備はできてますかー?」と元気いっぱいに会場を煽る麻生。その勢いのままビートの効いたポップロックチューン『FLY AWAY』では、息のあったキレのいいダンスで、2018 年度新曲の『Fairy Tale』ではキラキラとした歌声とキュートなパフォーマンスで会場を魅了。一斉にタオルを回すパフォーマンスは会場の熱を一体化した。

2018年度の1年間の活動を追った映像を挟んで披露されたのは、部活動ユニットによるステージ。新谷を中心に森萌々穂、野崎結愛の 3 人で 2018 年度に結成した美術部 Art Performance Unit“trico dolls”が、4 つ打ちのポップチューン『C’est la vie』を表情豊かにパフォーマンス。帰宅部 sleepiece は、この日限りの卒業スペシャルとして麻生、日髙、藤平華乃の 3 人で復活。パジャマ姿で『すいみん不足』と『めだかの兄弟』のメドレーを元気いっぱいに歌った。

最後に登場したのは吉田爽葉香、有友による購買部。ボケツッコミを交えながらのグッズ紹介は息もピッタリ。メガホン片手にステージを駆け回りながら『ピース de Check! ~年度末大決算セール~』を披露した。購買部の 2 人と入れ替わるようにステージに登場した新谷、麻生、日髙は、3 人の出会いから今に至るまでの思いを語る。その中で、「中 3 になって転入式であーだこーだあって、話しづらくなってしまったんですが、麻鈴の存在があったからこそ、真彩とゆづは仲良くなれたと思うし、3 人の絆が深まったと思います」と、麻生が生徒会長任命を巡り、新谷との間にわだかまりがあったことを告白。そんな思いを乗り越えて深めた絆を確かめ合うように披露されたのは、3 人による『clover』。信じる道を目指して前に突き進んでいくこの曲は、強い意志をもった彼女たちの姿そのもの。3 人の揺れのないユニゾンは、聴く人の心を打った。そして 12人で少女ならではの心の機微を歌った『未完成シルエット』をじっくりと聴かせた後、2013 年度の卒業ソングだった『Jump Up ~ちいさな勇気~』へ。曲の終盤、カノン進行のメロディに乗せて、一列に並んで聴かせた 12 人のハーモニーは圧巻。MC の後、新谷を中心に聴かせたのは 2012 年度の卒業ソング『My Graduation Toss』。こうして歴代の卒業ソングが披露されるたびに、終わりを実感し、心がキュンとしてしまうのは、さくら学院の卒業公演ならでは。物語を表現する一人一人の表情やパフォーマンスが光る『スリープワンダー』、そして疾走感のある『約束の未来』と会場のテンションを MAX まで引き上げると、麻生が「真彩が大好きなメンバーのことを思って歌います」と紹介した『Carry on』を熱唱し、本編を終えた。

熱いパフォーマンスの余韻が残る中、ステージは「さくら学院 2018 年度 卒業式」へ。森先生の進行で、在校生 7 人の後に続いて、小等部を卒業する田中美空、八木美樹が、そして新谷、麻生、日髙がステージに登場。卒業生には、倉本美津留校長より一人一人に卒業証書が手渡された。在校生を代表して送辞を送ったのは、パフォーマンス委員長を務めた藤平華乃。2018 年度の思い出を振り返り、3 人への感謝の気持ちを述べながら、「次は私たちが最高学年としてみんなを引っ張っていくので、正直不安もありますが、安心して夢に向かって歩んでください」と、最後まで力強く読み上げた。続いて中 3 の 3 人がセンターに立ち、新谷が代表して答辞を読む。在校生一人一人にメッセージを残した後、「ここまで歩むことができたのは多くの方々に支えてもらったからです。これから 3 人はそれぞれの夢に向かって歩んでいきます。私たち 3 人はスーパーレディーを目指して頑張っていきます。これからの私たち、そして 2019 年度のさくら学院をよろしくお願い致します」と締めくくった。彼女たちの真摯な思いを受け、倉本校長は「君たちは平成最後の卒業生となりました。新しい時代に向かって、この場所で学んだことをしっかりと胸に焼き付けて羽ばたいていってください」と式辞を述べ、担任の森先生も「人は生きている限りずっと成長期だと思うんです。そういう意味で卒業生ではあるけれど、成長期限定ユニットの一員であることは変わりないと思うんです。次に会う時にお互い成長してまた会いたいなと思います」とエール。ラストは、『旅立ちの日に』と『See you…』を笑顔で届けたメンバー。始まった当初は卒業する実感がないと語っていた 3 人だったが、「自分らしい生き方でこれからの自分の人生を生きていきたいと思います」(日髙) 「言いたいことがいっぱいありますが、これだけは絶対なのは、さくら学院生で本当に最高でした!今までありがとうございました」(麻生) 「私は心の底からさくら学院に転入してよかったなと思います。自分の夢に向かってゆっくりですが歩んでいきます」(新谷)と、感極まった様子でそれぞれの思いを語り、最後にマイクを通さない生の声で「ありがとうございました!」と心のこもった感謝の言葉を伝えると、会場からは大きな拍手が贈られた。

この日のステージは、新谷、麻生、日髙の 3 人がこの一年で作り上げたチームワークの集大成として、とても見応えのあるものだった。転入一年目の白鳥沙南、野中ここな、野崎、二年目の田中と八木の成長ぶりにも目を見張るものがあったが、もう一つ特筆したいのは、卒業する 3 人を盛り立てながら、パフォーマンスの面でしっかりと支えていた中等部 2 年、藤平、吉田、有友、森の 4人の頑張りだ。新谷、麻生、日髙が卒業に向けてブラッシュアップしていく背中を見ながら、彼女たちも次代を担う者として意識を高めていったはずだ。その思いがこのステージに十分にはみだしていたと思う。こうして歴代の思いは、父兄たちが見守る中、下の世代へと確かに引き継がれた。そして、この日をもって卒業した 3 人は、すでに発表されていた通り、新谷は女優、麻生は音楽アーティスト、日髙はミュージカル女優を目指し、新しい道を歩み始める。卒業生 3 人の未来と、2019 年度さくら学院に期待はますます高まるばかりだ。

なお、このステージは翌日 3 月 31 日に全国の映画館でライブ・ビューイング上映される。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ