日向坂46「TGC2019 S/S」初登場、 “キュンキュンダンス”で観客魅了

アイドル 公開日:2019/03/30 18
この記事を
クリップ

日向坂46が、30日に横浜アリーナで開催された『マイナビ presents 第 28 回 東京ガールズコレクション 2019 SPRING/SUMMER』(以下TGC)に初登場、初パフォーマンスを披露した。

オープニングVTRが流れると、VTRの色に合わせて観客もサイリウムの色をブルーに変え、会場が空色一面になると「日向坂46」コールが巻き起こった。




そして日向坂46が登場すると、27日に発売されたデビュー曲『キュン』を披露した。先ほどまでクールな表情でランウェイを歩いていたメンバーも先ほどとは一転、かわいい笑顔を振りまいた。

『キュン』を歌い終えると「TGC楽しんでますか?私たちのことを今日初めて観る方もいらっしゃると思うので、説明させていただきます!3月27日にデビューさせていただいて、先ほど披露した『キュン』がデビュー曲です。曲の中の“キュンキュンダンス”をぜひチェックしてみてください!」と観客に呼びかけた。

「今日は楽しんでいきましょー!」「もっと声出せー!」と観客を煽ると、2曲目の『誰よりも高く跳べ!』を披露。「TGC跳べ~~!」とランウェイを走り回り、会場を大きく沸せた。そして2曲目が終わると「ラスト行くぞー!」と元気よく叫び、3曲目の『NO WAR in the future』を披露。メンバーの手の振りに合わせて、観客も大きくサイリウムを振り上げ、ステージ最後の曲を盛り上げた。

最後に「みなさん、今日は日向坂46のライブ楽しんでいただけましたか?この後も楽しんでいってください!」と挨拶し、ステージを後にした。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ