AKB48矢作萌夏 初の単独TVCM出演、あだち充「MIX」を読んで不器用に叫ぶ

アイドル 公開日:2019/03/27 7
この記事を
クリップ

ゲッサン(月刊少年サンデー)で連載中のあだち充の最新作『MIX(ミックス)』。

その最新 CM 「言葉にできない篇」が27日より放送される。『MIX』の CM といえばこれまでも、TV アニメ 『タッチ』の浅倉南役・日高のり子の起用や、作者であるあだち充氏本人が登場するなどで 話題に。その他、秦基博『鱗』のミュージックビデオとのコラボなども注目された。

新 CM は、16 歳の女子高生が『MIX』を読んで湧き上がった、言葉にできない思いや、わざわざ言葉にせずとも伝わってほしい自身の感情を不器用に叫ぶというもの。




本 CM で主人公となる女子高生を、話題の美少女・矢作萌夏が演じた。 矢作は、2018 年 1 月「第 3 回 AKB48 グループ ドラフト会議」において、AKB48・Team K に第 1 巡目で指名され研究生に。同年 12 月には研究生から正規メンバーに昇格、今年1月には グループ史上最速で初のソロコンサートを開催し、初の写真集発売が決定したことも発表され話題となった。3 月 13 日に発売となった AKB48 の 55th シングル『ジワる DAYS』では、表題曲選抜メンバーに初選抜入り。今回、自身初の単独 TVCM 出演となる。 

本 CM への出演を受けて、矢作萌夏は「大好きな漫画の CM に出演出来て、とても光栄です。 爽やかで青春がいっぱいのこの漫画を、同世代のみなさんにも沢山読んでいただきたいです! 」とコメントした。

この記事の画像一覧