私立恵比寿中学の「神アーティスト」は?新感覚音楽ドラマに挑戦

アイドル 公開日:2019/04/06 14
この記事を
クリップ

――ドラマの話に戻りまして、撮影中の雰囲気はいかがですか?印象的な出来事などありましたら教えてください。

星名美怜:エビ中って結構人見知りグループで、普段は他の方と接触するのを少しためらっちゃうんです。でも、今回は本当に現場の雰囲気が凄く良くて、キャストの方々とも和気あいあいとすることが出来たのが良かったです。担任の先生役で出演してくださった永野さんは楽屋でも凄く面白いんですよ!一緒に撮るシーンが無いメンバーにも本当に担任の先生のように接してくれるので、優しくて楽しい先生でした。

――川谷絵音さんとの共演はいかがでしたか?

安本彩花:劇中で川谷さんと会うのは凛ちゃん(柏木ひなた)だけで、あとのみんなはレコーディングの時にお会いしました。実際に川谷さんにディレクションして頂いたり、アドバイスして頂いたりしたんですが、これがめちゃくちゃ貴重な体験でした!今まで私達がやってきたレコーディングの空気感とも全然違いましたし、刺激的な時間でした。

真山りか:先程の音楽の「神」というテーマで、唯一私達が共通して「神」だと思う方なんです。本物の天才です。

星名美怜:ちょっと失礼な意見かもしれませんが、「あ、ホントに実在する人なんだ。人間なんだ」って思いました。

中山莉子:お茶とか飲んでると、「人間なんだ!」って思いましたね(笑)

小林歌穂:緑茶飲むんだ~ってね(笑)

一同:(笑)


――そんな川谷絵音さんから楽曲提供もありますが、この楽曲に初めて触れた時の印象はいかがでしたか?

星名美怜:私達、私立恵比寿中学もこれまで色んな音楽に触れさせて頂いてきた自負はありましたが、川谷さんの楽曲って今までのどれとも違う「エビ中に吹いた新しい風」という印象でした。曲だけを聞くと川谷絵音さんが歌う姿が想像できちゃうほどの世界観なんです。これを私達が歌わせて頂くというとても貴重な体験でした。

――ドラマの話題に戻りまして、撮影中にメンバーのみなさんの中で流行っていることはありますか?

真山りか:「変顔写真選手権」じゃない?

中山莉子:同世代キャスト全員でやってたよね!どれだけ写真の中でブレられるか!とか(笑)

小林歌穂:どれだけ酷い写真が取れるかというのがテーマなんです。最初は普通にオフショットを撮ろうという試みだったハズなんですが、たぶん使えるものが無い(笑)

2/3ページ

この記事の画像一覧 (全 10件)