私立恵比寿中学の「神アーティスト」は?新感覚音楽ドラマに挑戦

アイドル 公開日:2019/04/06 11
この記事を
クリップ
}/

今年結成10周年を迎える私立恵比寿中学。“永遠の中学生”であるエビ中の6人が、4月よりスタートするドラマ『神ちゅーんず~鳴らせ!DTM女子~』(ABCテレビ・テレビ朝日)に出演する。本作は、エビ中6人が演じる女子高生たちが、パソコンやスマホを使って作曲する「DTM(Desktop Music)」の手法を使い、世界にも通用する「神曲」を作る音楽青春ドラマ。そして本作の劇中曲を川谷絵音ゲスの極み乙女。)が完全プロデュースすることでも話題となっている。この「私立恵比寿中学×川谷絵音」といういまだかつてない、ドラマとリアルが交錯する新感覚音楽ドラマに挑むエビ中メンバーを直撃した。




――まずは「神ちゅーんず~鳴らせ!DTM女子~」へのご出演おめでとうございます。

エビ中:ありがとうございます!


――今回、私立恵比寿中学メンバー6人全員でのドラマ出演ですが、企画のお話を聞いた時の感想はいかがでした?

真山りか:お話を聞いたのは半年前の夏頃で、それまでは配信ドラマをやらせて頂いていたんですよ。その配信ドラマが楽しかった~という話をしていたら、マネージャーから「またやるから~」みたいな軽いノリでサラッと伝えられて(笑)こんな大事なことをサラッと聞いていいのかな~って思いましたね。


――劇中ではDTMの描写もリアルですが、DTMで作曲といった取り組みに興味を持たれた方はいらっしゃいましたか?

安本彩花:劇中では凜ちゃん(柏木ひなた)がワークショップに通ってDTMを教えてもらうんですが、私は個人的にちょっと前からDTMに興味を持ってDTMを少し始めていたんです。今回ドラマを通じて詳しいお話を聞くことが出来たので、さらに興味が湧きました!


――柏木さん演じる十倉凛ちゃんは「音楽で神になること」が夢ですが、皆さんが音楽で「神」だなと思う方を教えてください。

真山りか:私はaikoさんが大好きで、行ける限りライブにも行っていて、この前もさいたまスーパーアリーナに行ってきました。やっぱり“楽しい”んです。とにかく音が楽しくて!aikoさん自身も音を楽しんでらっしゃる姿があるんですね、ぴょんぴょん跳ね回ったり、走り回ったり。しかもエビ中より多い曲数を一人でこなされているわけですから。そんな姿をみると、「あ~。神だな~」って思いますね。

安本彩花:私はフレディー・マーキュリーですね。

――凄い!意外ですね。

エビ中一同:(笑)

安本彩花:映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て、「あ!この人は凄い人だ!」と思い、そこからは曲を聞いたり、歌ってみたり、動きのモノマネをしたり。映画で初めてフレディー・マーキュリーについて知ることも多かったので、大きな興味が湧いてしまいました。

星名美怜:私はアリアナ・グランデさんがめちゃくちゃに好きなんです。日本公演がある時は絶対に行きたくて、去年も行ったんですけど、あの小さな体でパワフルに歌を歌い上げる姿、しかも高音がすごくキレイで伸びやかなんですね。見た目もめちゃくちゃカワイイですし、歌の世界観に引き込む力、さらにライブ力が凄いんです。CD音源とは違った自由な音楽を表現している素敵な姿を見て、「神様です」って思いました。

柏木ひなた:私は安室奈美恵さんが凄く好きで、私が芸能界に入ったのも安室奈美恵さんの影響です。行けるライブは全部行っています。もう「憧れ」の一言です。ライブに関しては本当に「ステージ上のアスリート」ですね。体力面でもそうですし、パフォーマンスのクオリティという意味でも。また、人柄の良さが全てに出ちゃってるんですよ。なので、全てにおいて「神」です。

小林歌穂:一組に絞れなくて二組でもいいですか?私は、チャラン・ポ・ランタンさんと吉澤嘉代子さんですね。以前、エビ中に楽曲提供して頂いたことをきっかけに凄く好きになって、色々な作品を聞いているんですが、お二組とも独特な世界観をお持ちで、曲によって人柄が変わったように感じられるという共通点があるんです。聞いてるとなんだか異世界に連れて行って貰えているようで、「神だな」って思います。

中山莉子:私はBiSHのアユニ・Dさんです。北海道から上京してきてBiSHに入って、近い世代なのに作詞作曲も世界観が独特で、声も特徴的なので、年齢も近い人がどうしてこんな世界観を作れるんだろう…「神」って思いました。大好きです。


――みなさんの「神」アーティストは、全く別のジャンルの方が揃っていますね。

真山りか:なので、カラオケに行くと凄いです。知らない歌祭りみたいになっちゃうので(笑)

1/3ページ