たこやきレインボー、JR「寝屋川公園駅」改称記念式典に参加、新たなまちづくりの門出祝う

アイドル 公開日:2019/03/20 11
この記事を
クリップ

大阪府寝屋川市とJR西日本は、3月16日、JR学研都市線「東寝屋川駅」から「寝屋川公園駅」への駅名改称と新たなまちづくりのスタートを記念した式典を開催。当日は、関西を拠点に活動するアイドルグループ「たこやきレインボー」がサプライズゲストとして登場し、会場は大いに盛り上がり、約500人が新たなまちの門出をお祝いした。




 たこやきレインボーは、式典で2月発売のアルバム『軟体的なボヤージュ』より新曲『疾風』を披露した。たこやきレインボーは2月、読売テレビの音楽番組「音力-ONCHIKA-」取材で寝屋川市を訪問し、市内の公園でのレポートや「全日本高校ダンス部選手権」2年連続日本一に輝いた超強豪校・同志社香里高校ダンス部とコラボダンスを披露するなど交流があった。同志社香里高校ダンス部との息の合ったコラボパフォーマンス映像が公開されているので、こちらも必見だ。

また、寝屋川公園でも市の木である桜の植樹式も開催され、祗園枝垂桜(ぎおんしだれざくら)を始めとした桜と苗木45本が植樹された。

 寝屋川市とJR西日本は、駅名改称を契機に、駅近くの地域資源である豊かな緑に囲まれた寝屋川公園をいかし、市の東部エリアの新たなまちづくりを進めていくという。

 

この記事の画像一覧 (全 5件)