東日本大震災8年、AKB48グループ被災地訪問と復興支援特別公演を開催

アイドル 公開日:2019/03/11 10
この記事を
クリップ
}/

AKB48グループは2011年に「誰かのために」プロジェクトを立ち上げ、被災地の 方々への復興支援活動を継続的に行なってきた。今回で69回目となった3月2日 の被災地訪問では、3グループに分かれて岩手県大槌町、宮城県石巻市、福島県南相 馬市に訪れ、復興支援ライブを開催し、被災で犠牲になられた方々へ献花、黙祷を捧げた。




各地での復興支援ライブでは、『365 日の紙飛行機』、『恋するフォーチュンクッキ ー」、震災復興応援ソングの『掌が語ること』などを披露した。また、じゃんけん大会や記念撮影、ハイタッチでのお見送りなども行った。

 そして、11日は各劇場で「東日本大震災復興支援特別公演」を実施。AKB48SKE48NMB48NGT48は各グループの専用劇場で、HKT48はスカ ラエスパシオ、STU48は広島テレビホールの全6会場にて同日に開催した。 

AKB48劇場ではチームB「シアターの女神」公演が行われ、アンコール最後に『掌が語ること』が披露された。チーム B キャプテン高橋朱里より「本日3月11日は東日本 大震災から 8 年目です。AKB48グループは、震災からの復興を少しでもお手伝いさせて 頂くために『誰かのためにプロジェクト』を立ち上げ、 様々な活動をしてきました。」との言葉があり、続いて福岡聖菜より「私たちはこの先もできる限りの支援活動に取り組んで参ります。これからのさらなる復興、そして明るい未来へと思いを込めて、今日の公演メンバ ー16人でこの曲を歌わせて頂きたいと思います。」と復興支援ソング『掌が語ること』が 披露された。楽曲の最後で全メンバーが一列に並び、手を繋ぐ印象的なこの楽曲の披露 が終わると、福岡が改めて「東日本大震災により被災された皆様ならびに、そのご家族の皆 様に心より お見舞い申し上げるとともに、復興に尽力されている皆様の安全と、被災地の一 日も早い復興を 心よりお祈り申し上げます。」と話し、終演した。 AKB48グループは、今後も東日本大震災復興支援の活動を続けていく。 


●第69回被災地訪問実施概要・メンバーコメント

 《開催日》2019年3月2日(土) 

《会場》

■岩手県大槌町文化交流センター(おしゃっち) 

■宮城県石巻市河南農村改善センター

 ■福島県南相馬市小高生涯学習センター(浮舟文化会館) 

《参加メンバー》 

[岩手県] 柏木由紀(AKB48NGT48) 込山榛香(AKB48佐藤七海AKB48向井地美音AKB48) 末永桜花(SKE48) 荻野由佳(NGT48) 

[宮城県] 小栗有以(AKB48高橋朱里AKB48) 村山彩希(AKB48) 山内瑞葵(AKB48横山由依AKB48) 山本彩加(NMB48) 

[福島県] 岡田奈々AKB48STU48) 岡部麟(AKB48) 小嶋真子(AKB48) 峯岸みなみ(AKB48) 本村碧唯(HKT48) 瀧野由美子(STU48) 


《セットリスト》※各会場共通 

M0.overture/M1.ヘビーローテーション/M2.会いたかった/M3.大声ダイヤモンド/ M4.掌が語ること/M5.希望的リフレイン/M6.365 日の紙飛行機/ M7.恋するフォーチュンクッキー 


【第69回被災地訪問時メンバーコメント】 

横山由依AKB48) 

もうすぐこの活動を続けて 8 年が経ちます。私たちは今でも「何ができているんだろう?」 と考えたり、悩んだりするんですが、こうして足を運んでライブを見てくださった方がすご く楽しい時間でしたとか、これからも続けてくださいという声をかけてくださることも多く、東日本大震災を若い世代の方も忘れないようにしていってほしいなという意味で、私た ちができるのはこのライブだったり、被災地訪問活動なのかなと思うので、この活動はやっ ぱり続けていきたいなと思います。 

柏木由紀(AKB48NGT48) 

私は、AKB48 初めての被災地訪問でもあった 2011 年 5 月にこの大槌町に来させていただい て、その時に来ていたという男性と 8 年ぶりに再会して「あの時来てくれてありがとう」と 言ってくださって、こうやって続けて来て本当に良かったなと思います。町はその当時より はもちろん復興してきていますけど、まだまだ仮設住宅で住んでいる方もいらっしゃいます し、心に傷を負っている方もたくさんいると思うので、その中で私たちにできるライブだっ たり、出来事を風化させないことだったり、また一人一人としてもできることをこれからも 微力ではありますが続けていきたいなと今日改めて思いました。 

岡田奈々AKB48STU48) 

南相馬を訪問するのは 2 回目になります。 被災地復興支援に来るたびに現地の変化を感じたり、笑顔が増えていったり、震災後に生ま れた子どもや妊婦さんまで遊びに来てくれたりと、子どもからお年寄りの方まで喜んでくだ さることがすごくうれしいです。

 向井地美音AKB48) 

私は、震災当時中学1年生でまだ AKB48 には入っていなかったのですが、その時も地元埼玉 から被害の大きさはすごく感じていました。数年後に AKB48 に入ってこの活動に参加させて いただいて。当時総監督だったたかみな(高橋みなみ)さんなど、先輩たちの代が始めてく ださった活動ですが、私は 3 代目の総監督に指名していただいたので、自分が就任したあと も、ずっとこの活動を AKB48 として続けていけるようにしたいと思いました。 

佐藤七海AKB48) 

私も実際に自宅を被災したのですが、AKB48 のメンバーが被災地に来て「誰かのためにプロ ジェクト」を立ち上げて復興支援ライブをしていることを聞いたりテレビで見ていたりして いた自分が、AKB48 に入ってこうして活動をさせていただいて 4 年目になりました。震災か ら 8 年経ったんですけど、やっぱり風化させたくないなと思いますし、これからは明るい方 向に、一緒に元気に、もっと町が活性化できるようにしたいです。私も岩手県出身として、 身近に感じていただける存在だと思うので、これからも明るくできるように頑張りたいと思 います。

ⓒAKS