HKT48 5期研究生による劇場公演スタート

アイドル 公開日:2019/03/10 5
この記事を
クリップ

昨年11月26日に開催したHKT48「7周年記念特別公演」でのお披露目から約4か月。5期研究生が、10日より初の劇場公演「脳内パラダイス」をスタートした。 

初日となる10日は、研究生全14名がステージに立ったが、今後は12人のメンバーで構成し、上演する。




「脳内パラダイス」公演は、AKB48チームKの3rdステージとして、2006年12月~2007年6月までAKB48劇場で行っ ていた公演でもあり、HKT48劇場でも2013年11月~2014年4月まで当時の研究生メンバーで上演してきた、HKT48メ ンバーにとっても、思い入れが強い演目。今回、約5年ぶりに5期研究生が本公演を行う。 

本日の出演メンバーは告知を行わず、当日の発表。大きな歓声に迎えられながら、研究生全14名がステージに登場し、 楽器を持ってパフォーマンスする『友よ』からスタート。初のステージに緊張した面持ちのメンバーでしたが、温かい声援の中、冒頭3曲を初々しく披露した。 

MCでは、個性豊かなキャッチフレーズとともに自己紹介を行い、それぞれの意気込みを発表。4月10日(水)発売の HKT48 12枚目シングルの選抜メンバーに大抜擢された水上凜巳花(みずかみ りみか)は「今日来てくださった皆さん が楽しかったと言ってもらえる公演にしたい」と意気込み、キックボクシングが特技の石橋颯(いしばし いぶき)は「皆さんに顔と名前を覚えて帰ってもらえるように最高のパフォーマンスをしたいと思います!」と笑顔。また緊張のあまり、村上 和叶(むらかみ わかな)は<意気込み>を<生きがい>と言い間違え、市村愛里(いちむら あいり)は自己紹介で自分の名前を言い忘れる初日らしいハプニングも。HKT48最年少・小学6年生の工藤陽香(くどう はるか・12歳)の「本日はお足元の悪い中、ご来場いただき、誠に…誠にありがとうございます!」と最年少らしからぬ挨拶には、大きな笑いが起こっていた。 

続いてのブロックは、AKB48グループ初となったソロユニット曲で、大島優子が歌っていた『泣きながら微笑んで』を上島 楓(かみしま かえで)がしっとりと歌い上げスタートすると、激しい曲調の『MARIA』から、個性豊かなメンバーが揃った『くるくるぱー』まで様々なユニット曲を続けて披露。『くるくるぱー』出演メンバーによる独特の空気感が流れるMCを挟んだ 後は、クリスマスソングの『クリスマスがいっぱい』などを披露し、『片思いの卒業式』で本編を締めくくった。 

盛大な声に迎えられたアンコールのステージには<下剋上>と背中に書かれたTシャツ姿のメンバーが登場。『転がる石になれ』では、歌詞にある「チームK」を「HKT」に変え、激しいパフォーマンスを披露した。 最後に水上より「HKT48研究生14名、これからもっともっと力を込めて良い公演にしていきますので応援よろしくお願い します」と挨拶し、ラストの曲『草原の奇跡』を温かい雰囲気の中、全員で歌い上げ、研究生初の劇場公演は幕を閉じた。 次回は3月15日(金)18:30より、スカラエスパシオにて本公演を行う。

ⓒAKS

この記事の画像一覧 (全 15件)

関連記事