SUPER☆GiRLSが勝利の女神に「FC岐阜スペシャルスタジアムライブ」に登場

アイドル 公開日:2019/03/10 5
この記事を
クリップ
}/

2018年12月に新メンバーを加え、新体制の第4章をスタートしたSUPER☆GiRLS(スパガ)が3月9日のサッカーJ2リーグのFC岐阜vsファジアーノ岡山戦(岐阜メモリアルセンター長良川競技場)に駆けつけ「FC岐阜スペシャルスタジアムLIVE」やスペシャルトークショーを実施し、会場を盛り上げた。



このイベントは、SUPER☆GiRLSの最年少メンバーでもある長尾しおりが今年の1月に出身地の岐阜県全県をホームタウンとするプロサッカークラブ「FC岐阜』のアンバサダーに就任し、就任時に「いつか『FC岐阜』のホームの長良川競技場でスタジアムライブがやりたいです!」と語っていたのが早くも実現したもの。

雲一つない晴天のもと、約7,000人が集まったスタジアムでは白熱した試合が繰り広げられ、長尾がアンバサダーを務める「FC岐阜」が2-1で快勝。アンバサダー就任以来の長尾が観戦した2試合は全て勝利となり、現地に集まった『FC岐阜』のサポーターやスパガのファン“ニジスト”の間では、“すでにスパガが勝利の女神ではないか”と話題になっている。

長尾は試合終了後すぐに自身のTwitterを通じて「FC岐阜vsファジアーノ岡山戦2-1 で勝利しましたスタジアムライブ、キックインセレモニー、センターサークル応援団と…本当に有難うございましたホーム戦2戦目の勝利!おめでたいですね^^今後も応援宜しくお願いします!!!」と、コメント。この長尾のツイートやSUPER☆GiRLSのメンバーのツイートには「しおりちゃんの考えたセトリも勝利に貢献したと思うよ(^^)」「勝利の女神説あるね!ホームでしおりんいる試合は勝つ方程式できるな』『女神様、現地2連勝おめでとうございます!」「スパガ勝利の女神伝説の始まりや!」「こんな可愛い応援団いたらめっちゃ最高」「みんなで1つのチームを応援するの楽しいね」といった“スパガ勝利の女神伝説”のコメントが多く寄せられている。

また、試合前に行われた「FC岐阜スペシャルスタジアムLIVE」では、アンバサダーの長尾がセットリストを考案。諦めなければ“ゼッタイに輝くゴールは待つ”の歌詞も出てくる「がんばって 青春」や「FC岐阜」のテーマでもある“躍進”の意味と重なる『華麗なるV!CTORY』など5曲を披露。さらにハーフタイムでは“勝利の女神でいきましょう”というワードが歌詞の中にある『花道!!ア~ンビシャス』を歌うなど、「FC岐阜」勝利のためのライブが展開された。

“いつか私たちのワンマンライブでこのスタジアムを埋めたい!”と意気込んでいるSUPER☆GiRLS。2019年、『FC岐阜』同様“躍進”の1年となるか?これからの展開が楽しみである

この記事の画像一覧

関連タグ