欅坂46長濱ねるが卒業を電撃発表、日向坂46のライブ大成功見届けて

アイドル 公開日:2019/03/07 12
この記事を
クリップ

欅坂46の人気メンバー長濱ねるが、7日公式ブログを更新し、卒業を発表した。

長濱は「突然のお知らせになってしまうのですが、8枚目のシングルをもちまして私は欅坂46を卒業します。高校2年生で上京しひらがなけやきとして加入させて頂き、数え切れないほどの煌めく経験をさせて頂きました。メンバーのみんなに出会えたことは本当に幸せな宝物です」と思いを綴った。




「この広い世界で欅坂46けやき坂46を見つけてくださった皆様、温かく想ってくださっている皆様、どんな時も寄り添ってくれる楽しくて大好きな欅坂46チームの皆様、沢山の影響を受けさせて頂いた一緒にお仕事をしてくださった全ての皆様、書ききれないのですが、皆様のおかげでしかないです。本当に本当に...!! 心の底からありがとうございました。本当にどれだけ重ねても足りないくらいにありがとうございました。何もない私に色付けしてくださった関わってくださった全ての皆様に感謝申し上げます。 」と長濱らしい丁寧なメッセージが続いた。

また、アイドルになるきっかけとなった元乃木坂46の伊藤万理華にも言及、「そして私の全てのきっかけである伊藤万理華さん、深く深くありがとうございます」とメッセージを贈った。

卒業を発表したことで、今週末から始まる全国握手会(3月9日幕張メッセ/3月16日ポートメッセなごや/3月21日インテックス大阪)が最後の握手会となることも発表した。

長濱は、欅坂46のデビュー後の加入となり、けやき坂46の初代メンバーに。その後、1期生(1.5期)として佐々木久美や加藤史帆ら11名が加入した。しばらく”漢字欅”と”ひらがなけやき”を兼任し、後進の育成に力を注いだ。長濱が愛した”けやき坂46”が日向坂46と改名し、デビューカウントダウンライブを大成功させたのを見届けるかのように、本日卒業を発表した。

卒業後については「約束なく 気持ちを緩めて考えられたらなと思っています。心を込めて生きていきますね」と、明言を避けた。

写真:ⓒSeed & Flower